11

まだまだ寒い日が続く予感。冷えた体に暖かいスープや煮物がしみじみと染みわたります。

煮込み料理をより美味しくしてくれるのが、食材自体の水分だけで煮込む「無水調理」。水を足さないので、素材そのものの濃厚で優しい味わいを引き出すことができます。

そんな無水調理ができる土鍋「ベストポット」が、三重県四日市市の特産品である萬古焼と、鉄の鋳物という異素材をかけ合わせることで誕生しました。

ベストポットの生みの親「MOLATURA」とは

ベストポットの生みの親「MOLATURA」とは

ベストポットをつくったのは、三重県四日市市で創業100年以上の歴史を持つ中村製作所による自社製品開発のプロジェクト「MOLATURA」。「空気以外何でも削ります」を合言葉に、型にはまらない発想で自社の切削技術を活かす製品づくりを行っています。

2015年には、チタン製の印鑑「SAMURA-IN (サムライン)」を世に送り出しました。

ベストポット

四日市の技術をかけ算

四日市の技術をかけ算
四日市の技術をかけ算

ベストポットの鍋本体の素材に採用されているのは、四日市の特産品である萬古焼。加熱中の温度上昇がゆるやかで遠赤外放射率が高いため、中の食材をじっくりとあたためてくれます。さらに内側に阿蘇山の火山灰を混ぜた釉薬を用いることで、遠赤外線の効果をより引き出しています。

ベストポットの鍋本体の素材に採用されているのは、四日市の特産品である萬古焼
ベストポットの鍋本体の素材に採用されているのは、四日市の特産品である萬古焼

無水調理で重要なのは、食材のうまみを逃さないための鍋の気密性。そこでベストポットは、重量のある鉄の鋳物をふたの素材として採用。誤差1/1000mm以内の精度を保証しているMOLATURAの切削技術で鍋とふたを削り、蒸気が逃げる隙のない精密な構造を実現しています。

ベストポットの鍋本体の素材に採用されているのは、四日市の特産品である萬古焼

ところでベストポット完成までの道のりは、なかなか容易ではなかった様子……とくに萬古焼メーカー探しには苦労したようです。

どうしようかと頭を悩ませていたところ、中村製作所の社長が高校の同級生でもあり萬古焼の土鍋や和食器をつくっている水谷商店の代表・水谷泰治さんと再開したことでプロジェクトが始動しました。

四日市市の技術と挑戦にこだわる想いがかけ合わされて誕生した

中村製作所社員・石田さん(写真左)と水谷商店代表・水谷泰治さん(写真右)

四日市市の技術と挑戦にこだわる想いがかけ合わされて誕生した

四日市市の技術と挑戦にこだわる想いがかけ合わされて誕生した無水鍋・ベストポット。現在クラウドファンディングサイトMakuakeでは、サポーターを募集しています。製品が割引価格で購入できるなどお得なリターンがあるとのこと。気になる人はMakuakeのベストポットのページをチェックしてみましょう。

ベストポット仕様

・ベストポット20㎝
直径:約20㎝ 幅(持ち手含む):約24㎝
深さ:約10㎝ 高さ(蓋含む):約14.5㎝
重量:鍋2㎏、蓋1㎏ 計3㎏

・ベストポット16㎝
直径:約16㎝ 幅(持ち手含む):約21㎝
深さ:約9㎝ 高さ(蓋含む):約13.5㎝
重量:鍋1.1㎏、蓋0.7㎏ 計1.8㎏

カラー:ブラック、ホワイト、ピンク、ピスタチオグリーン、マスタードイエロー

※IH対応不可
※レンジ・オーブンなどは蓋を外せば使用可
※ラジエントヒーター、ハロゲンヒーター対応可

ベストポット[Makuake]、MOLATURA

11

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking