20180130_carrot

冬の体調管理は食から。そう思うと摂りたいのはやっぱりビタミンたっぷりの野菜。中でも緑黄色野菜が食べたいところ。簡単にサラダを作ると言ってもいつも同じでは飽きる……。

そんな時、緑黄色野菜の王様「にんじん」を使ったデパ地下お惣菜の定番「キャロットラペ」のレシピをFOODIEで発見。どうも水っぽくなってしまったりして満足いく味に仕上がらないキャロットラペ。プロが教えてくれるおいしく作るポイントを踏まえると劇的に本格的な味わいに仕上がるそうですよ。

シェフ直伝・本格「キャロットラペ」の作り方

<材料>(4人分)

にんじん…小2本(約400g)

りんご…1/2個

くるみ、ドライクランベリー(あれば)…各適量

[ドレッシング]

ディジョンマスタード…小さじ2

はちみつ…小さじ1/2

塩…小さじ1

白ワインビネガー…大さじ2

エクストラバージンオリーブオイル…120ml

クミンパウダー…少々

<作り方>

1.にんじんをチーズグレーターの粗い面でおろす

2.りんごは芯を除いて、皮付きのまま細切りにする

3.ボウルにマスタード、はちみつ、塩を入れ、白ワインビネガーを少しずつ混ぜながら加える

4.泡立て器で混ぜながら、オリーブオイルを少しずつ加える。仕上げにクミンを加え混ぜる

5.ボウルに軽く絞ったにんじん、りんご、砕いたくるみ、クランベリー、4のドレッシングを入れ、ざっくりと和えて完成

(「FOODIE」より引用)

作る上での大切なポイントは3つ。

1.ふわふわの食感を目指すなら「チーズグレーター」を使用

今までは包丁で千切りでなんだかべたっとした仕上がり・・・。お店のあのふわっと感はチーズおろし器を使ってできるそう。繊維に調味料が入り込むので味がしっかり馴染みます。

2.ドレッシングは「しっかりつなぐ」

なんとなく材料に書いてあったから入れていたマスタード。なかったり面倒だと入れなかったりすることも。味が締まることもさることながら調味料全体を

分離させずにつなげてくれる役割がありました。少しずつ泡立て器を使ってしっかり合わせるようにしましょう。

3.仕上げはクミン

ドレッシングに使うスパイスはコショウが定番ですが本格キャロットラペを作るときに仕上げに使うのは「クミン」。ドレッシングに本格的な香りを付けてくれ、味に深みが出るそう。

プロはナッツやドライフルーツを加えて、さらにワンランク上に仕上げるのだとか。楽しい食感と香りに箸が止まらなくなりそうです。

自分で作るとなんだか物足りなかったけれど、これなら自慢の一品として食卓に出したくなります。本格キャロットラペをたくさん食べておいしく栄養を摂りたいものです。

FOODIE

Ranking