林 美由紀

林 美由紀

18

生ゴミやプラスチックゴミを袋の中にギュッと押し込む時、もっと効率的にゴミを圧縮できたらいいのに……と思うことがあります。

そんな願いを叶えてくれるゴミ箱を発見してしまいました。

Image: Amazon.co.jp

クラッシュボックス」は、ゴミの体積を1/3に減らすことができます。

つまり、30リットルサイズのゴミ袋に、約90リットル分のゴミを入れることができるんです。

Image: Amazon.co.jp

コンパクションプレートと呼ばれる取っ手のようなものをグッと押すだけで、手を汚さず簡単にゴミを圧縮。

脱臭フィルター付きなので、不快なにおいも抑えてくれます。

Image: Amazon.co.jp

アンチテアテクノロジーでゴミ袋が破れにくい設計となっており、ふたが垂直に止まるので、ゴミ袋の交換もしやすいのが特徴です。

Image: Amazon.co.jp

ステンレスフォルムはインテリア性が高く、キッチンになじみそう。いつも通りゴミ箱に捨てて、圧縮して、ゴミの日に出すだけです!

Image: Amazon.co.jp

これなら、ゴミを捨てるときに、もっと入るんだろうな……と思いながらも、そのまま袋の口を閉めることが無くなりそうです。

Joseph Joseph クラッシュボックス [Amazon]
18

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking