2

ライフハッカー[日本版]より転載:

デスクワーカーにとっては、腰痛やエコノミークラス症候群の発症など、椅子に座りっぱなしでいるために起こる健康リスクが気になるところでしょう。

この問題に対応できると、話題に上っているスタンディングデスク。

でも、会社にとって既存の机をすぐにこれに置き換えるのは簡単ではありません。それに立って仕事をするにしろ、机を適正な高さにセットしないと椅子だけがなくなったところで、健康リスクは下がらないという話も聞きます。

『DeskView』は、窓に固定することができる簡易的なスタンディングデスク。

DeskView

これなら既存の机はそのままで、試験的に導入することもできますし、使う人に応じた高さにセットするのも難しくありません。

仕組みは単純で、吸盤を使ってガラスに固定するというもの。約18kgの荷重に耐えられますので、定期的な点検さえ怠らなければ、棚として活用することもできるでしょう。

天板のサイズは約30.5 x 63.5cmと、ノートPCの左右に書類や周辺機器、マグカップなどを置いても充分な広さがあります。

もっとも、耐荷重は高層ビルなどに利用されているような、厚みのあるガラスでの利用を想定しています。一般家庭用サッシなどでは制限いっぱいまでの重量物を置くのは避けたほうがいいでしょう。また、磨りガラスに設置することもできません。この点はご注意ください。

色はクリア、ホワイト、ウッドの3種類がありますが、クリアは265ドル(約3万円)、ホワイトとウッドは235ドル(約2万6700円)。送料は50ドル(約5700円)となっています。

Image: DeskView

Video: ShopDeskView / YouTube

Source: DeskView

Text by 田中宏和

2

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

ライフハッカー[日本版]

ライフハッカー[日本版]

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking