1

キャンプは夏だけの遊びだと思っていないだろうか?

実は冬の魅力も多いのだ。例えば、夏より冬のほうが夜空の透明度が高く天体観測に向いていたり、キャンプ場がすいているから、音楽を流せたり。

ただし、寒さ対策は必須。冬の夜のキャンプ場は氷点下を下回ることも多く、寝ている間に風邪をひきかねない。

ホットカーペットで暖をとる方法もあるが、どうしてもかさばる。5kg近いものも多いジェネレーターも必要だ。そこで、電気を必要としない一人用マットはいかがだろうか?

EURO Blackcan Heat Camping Mat

使用するのは登山などでも活躍するガスストーブ。このパワーを使ってキャンプマットを温めるのだ。230グラムのものだと10時間、265グラムのものだと24時間使用できるという。

大きさはリュックサック一つ分でコンパクトにまとまる。

他にも冬山登山で重たいジェネレーターを持ち歩くことはできない時にも最適だ。

見た目も無骨でかっこいい。設置には多少時間がかかりそうだが、これがあるテントはなんだかキャンプのエキスパートのように見える。

ただし、残念ながら日本のアマゾンでまだ販売されていない。日本でも取り扱いが始まることを期待したい。

EURO Blackcan Heat Camping Mat with Automatic Hot Water Heating System [Amazon]
1

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking