飽くなき好奇心を充してくれるもの、日々の暮らしを彩ってくれるもの探しに余念がないROOMIE編集部員たち。

2017年もたくさんのモノや味、カルチャーと出会い、気に入ったものを購入してきた。そんな中から、これは自信を持ってみんなに普及したい! ものをテーマで区切り4回にわたってご紹介。今回は「ガジェット&家外アイテム編」編。

Kindle Oasis by 武田

「実際のところ、価格に見合いますか?」とよく聞かれるこちら。そう感じるのはとてもわかる。フルスペックにしたので、4万円を越えた。見合っているのかどうか。客観的にどうなのか実際わからないが、自分にとって快適な読書環境と書籍は、コスパという定規を当てはめて考える対象ではないことが確かになった。これは「本」なのです。

RIVENDELL clem smith jr. by 尾田

リヴェンデルのクレムスミス・ジュニア。写真だとわかりにくいのだが、かなり大型でビーチ・クルーザーのようなアメリカンな趣があるのが気にいっている。サンフランシスコ郊外に工房を構えるRIVENDELL BICYCLE WORKSは、“ウールを着て、革サドルに座り、ラグフレームに乗る”という独自の世界観を貫く自転車ブランド。見たとおりハイテクではなく、正直いってスピードも驚くほどでない(ママチャリといい勝負?)! しかし、ゆったりとクルージングする感覚が、ピストを散々乗り回した忙しないサイクリング・ライフの後にしっくりきたのだ(ちなみに妻からの誕生プレゼント)。

Beats by Dr.Dre Beats Solo3 by 鈴木

今年、Amazonで2つほどワイヤレスイヤホンを購入した。ある程度使用していたものの、安くて使い勝手が良いとはいえ、ちょっと音質が気になる。そこで、意を決してBeatsのワイヤレスヘッドホンを購入! 音質がしこたまクリアになり、Yogee New Wavesもnever young beachもD’Angeloも、音楽だけでなく立川志らくの聴き心地も最高に。通勤の充実感が5倍増し。そして今の季節は寒いので、耳あて代わりにもなっている。

Anker SoundCore 2 by 緑川

これまで、部屋で音楽を聴くにもスマホから流していた。スピーカーにこだわりがなかったし持っていなかったのだが、初めてBluetoothスピーカーを手に入れ、なかなかよい!というのが今年の発見。音がやはりよいし、値段は手頃だし、小さくて場所を取らない。ドライブに持って行ったり、防水だからお風呂場の中で聴いたり、活躍の場が広くて助かっている。

PS VR by 野田

VRで『バイオハザード7』をプレイ。これまでゾンビ映画の発砲するシーンで、目の前に敵がいるのに外すキャラクターを見て「ポンコツかよ」と笑っていたが、初めてその気持ちが分かった。外す、あれは外す。怖い。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking