もうすぐクリスマス。たとえば、お付き合いはしていないけれど気になるあの子に何かプレゼントしたい。けして重荷にならず、あわよくば僕のことを気にしてもらえるような……。

そんな時はリンゴを贈ってみてはどうだろう。リンゴには、「最も美しい人」とか「誘惑」なんていう意味もあるそうだ。もちろん、さすがにただリンゴを贈るだけではその子も「?」。ささやかな日常がちょっと楽しくなるものをつくるレーベルSASAYAKAから発売中の「KNIT MITT NET」なら、ただのリンゴをとっておきのリンゴに変えてくれる。

おなじみのアレをニットで再現したKNIT MITT NET

KNIT MITT NET

今回SASAYAKAがコラボしたのは、岩手県在住のニット作家さん。見ての通り、リンゴがふだん包まれている発砲スチロール製の白いネットをニットで作ってしまった。

KNIT MITT NET
KNIT MITT NET

やさしいニットに包まれたリンゴの姿は、なんだかとても愛おしく、ずっと飾っておきたい雰囲気。

国産ウールを使用し、1つ1つ手編みされたニットのネット。実はペアになって、リンゴを食べた後は手袋としても使える。

SASAYAKA初の女性作家SueCa

KNIT MITT NET

KNIT MITT NETを手がけたSueCaは、神奈川県藤沢市出身の佐藤さんによるニットブランド。現在は岩手県盛岡市在住で、棒針編み、かぎ針編み、マクラメなど様々な技法を使って創作活動をしている。

KNIT MITT NET

リンゴを贈るというよりも、手袋を贈るというよりも、「気持ち」や「記憶」を贈る。KNIT MITT NETは、そんな特別なできごとを演出してくれるはず。プレゼントを開けた瞬間、「こんなのはじめて見た!」と言わせたら大成功だ。

KNIT MITT NET(PAIR)
寸法/ FREE
価格/5500円(税抜) 発売中
※SueCAでの注文販売は行っていません

KNIT MIT NET[SASAYAKA]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking