今年はどんなクリスマスを迎えようか。飾り付けやプレゼント、料理など、そろそろクリスマスの準備を始める人もいるだろう。パーティーを主催する予定の人、予定はないけど開いてみたい人、おもてなし料理に頭を悩ませるならばこのまとめ記事がきっとお役に立てると思う。

ROOMIEでおいしいレシピを数多く紹介しているフードスタイリスト、フードコーディネーターの田村加奈子さんのレシピから、クリスマスを盛り上げるレシピをご紹介。

いろどり鮮やかな前菜・サラダ・スープのレシピ

美肌力を上げる『にんじんとトマトのポタージュ』

美肌力を上げる『にんじんとトマトのポタージュ』

田村さんによると「にんじんはしょうがに匹敵するほどの温め効果があるうえ、『うるおい』『美白』『デトックス』にも効果がある」のだそうで、寒い冬にはピッタリだ。抗酸化作用のあるトマトと豆乳も使っていて、肌にも健康にもよいポタージュなので、女性のお客さんが喜んでくれるだろう。

華やかな『4色のさつまいもサラダ』

華やかな『4色のさつまいもサラダ』

レタスやトマトを使った定番サラダもいいけれど、食卓を華やかにするには、色どり鮮やかな旬のさつまいもを使った「4色のさつまいもサラダ」がおすすめ。さつまいもにはさまざまな品種があり、色も異なるのを活かしたレシピだ。

野菜がたっぷり食べられる『野菜のオイル煮』

野菜がたっぷり食べられる『野菜のオイル煮』

たっぷりのオリーブオイルでじっくり加熱して、素材のうまみと甘みを引き出し、シンプルに塩とブラックペッパーのみで味付けした「野菜のオイル煮」。アヒージョやトマト煮など味を変えて楽しむこともできるので、多めに作って常備菜にするのもおすすめだ。

簡単! キッチンバサミで切るだけの『生ハムとみょうがのマリネ』

簡単! キッチンバサミで切るだけの『生ハムとみょうがのマリネ』

前菜やおつまみに出したい「生ハムとみょうがのマリネ」は、パーティーの食卓がちょっと豪華に見えそう。しかも、ハサミで切って和えるだけという、料理ビギナーや子どもも作れそうなくらいのシンプルレシピ。

チーズがとろーり。白ワインに合う『タルティフレット』

チーズがとろーり。白ワインに合う『タルティフレット』

ワインが進む「タルティフレット」は、フランス・サヴォワ地方の郷土料理。じゃがいも、たまねぎ、ベーコンにチーズを乗せて焼いたシンプルな料理だ。これはおいしいに決まってる!

肉や海鮮などメイン料理のレシピ

作り置きできる『豚バラ肉の紅茶煮』

作り置きできる『豚バラ肉の紅茶煮』

作り置きとしても、パーティのメインとしても活躍してくれる「豚バラ肉の紅茶煮」。田村さんによると「豚肉を紅茶で煮ると、豚肉が柔らかくなり臭みが取れ、さっぱりとした味に仕上がる」のだそう。オリエンタル風な味付けで、ワインも紹興酒にも合うのだとか。

3つの材料で簡単に作れる『スペアリブBBQソース』

3つの材料で簡単に作れる『スペアリブBBQソース』

手づくりのBBQソースにスペアリブを漬けて焼く「スペアリブBBQソース」。パーティーに肉料理は必要不可欠。ソースは3つの材料だけで作ることができる。温度、時間、肉の焼き方や漬け込み方なども丁寧に解説されている。

揚げずに焼く、さっぱり味の『揚げないエビマヨ』

衣は軽く、揚げずに焼く。さっぱり味の「揚げないエビマヨ」

パーティーにぴったりなエビ料理。エビマヨは子どもも大好きな味だ。揚げていない上、本来のソースよりもヘルシーなレシピ。作る側としても、揚げ物はちょっと面倒でも、これなら手軽に作ることができる。

『手作りニョッキ』をゴルゴンゾーラソースで

家にあるもので作れる、簡単レシピ。手作りニョッキをゴルゴンゾーラソースで

パーティーにもあるとうれしいパスタ。手づくりニョッキは、小麦粉、卵、塩と家にあるもので作ることができる。ゴルゴンゾーラソースも自作する本格的な一品で、おもてなししよう。

デザートにはケーキを

濃厚なのに軽い『ダブルチーズケーキ』

濃厚なのに軽い「ダブルチーズケーキ」

クリームチーズとサワークリームのダブルチーズで作る「ダブルチーズケーキ」は、濃厚なのに軽い味わい。

「私を元気にして」という意味の『ティラミス』

「私を元気にして」という意味の「ティラミス」

ティラミスといえば、通常はフィンガービスケットにコーヒーとリキュールを染み込ませた生地の上にチーズクリームを重ねて作るが、田村さんのレシピはチーズクリームだけの手軽なもの。3つの材料を混ぜてビターパウダーをふるうだけで、手軽に作ることができる。

どのレシピも、簡単だったりコツを丁寧に紹介してくれているものばかり。もちろん、見た目にもとてもおいしそう。今年のクリスマスは、いつもとはちょっと違う料理にチャレンジしてみよう。

Photographed by Kanako Tamura

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking