世界中で一番有名なスープ缶といえば、ポップアートの巨匠であるアンディ・ウォーホルの「キャンベルのスープ缶(32個のキャンベルのスープ缶)」だろう。1962年に製作されたアンディ・ウォーホルのシルクスクリーンによる美術作品で、現在はニューヨーク近代美術館(MoMA)に展示されている。

ポスターや雑貨などにデザインされることも多く、ウォーホルといえばこれを思い浮かべる人も多いだろう。それくらい親しみのある作品。そんなキャンベルのスープ缶が、なんとチェスになったというのだ。

アンディ・ウォーホルのキャンベルのスープ缶グッズ

ANDY WARHOL CAMPBELLS SOUP CAN CHESS SET」は、カラフルなキャンベルのスープ缶が駒となっており、駒の大きさは3インチ(7.62cm)。チェス盤も一般的な白黒や木目と違ってカラフルだ。

アンディ・ウォーホルのチェス
アンディ・ウォーホルのキャンベルのスープ缶のチェス

このチェスセットは、アンディ・ウォーホル美術財団協力の元、作られたお墨付き。もちろん遊んでもよいし、飾ればインテリアとしてもポップでかわいい。

値段は$500。制作・販売元のkidrobotでは海外発送をしているので、日本からも購入可能。配送料金は商品をカートに入れ「International Checkout」ボタンをチェックすると確認することができる。

ウォーホールコレクターにはもちろん、チェスとしても、インテリアとしても嬉しい逸品だ。

ANDY WARHOL CAMPBELLS SOUP CAN CHESS SET [kidrobot]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking