2017年も残すところあと2ヶ月。少し前にハロウィンの話題があふれていたと思ったら、今度はクリスマス、そしてお正月。あっという間に時は過ぎていく。

さて、そんな訳で、おせちは購入する派の人は、そろそろ来年のおせちをどうしようかと候補を絞り始める頃かもしれない。今回は、キャラ物、ひとり用、ペット用など少しユニークなおせちをご紹介。

キャラクターおせち

「モンスターボール型ポケモンおせち」

Image: Amazon.co.jp

モンスターボール型二段重に、子どもたちも好む24品が入ったおせち。それぞれの食材とポケモンキャラクターとの関わりを持たせ、楽しさを演出しながら、おせちの「言われ」や「意味」を知る機会を作ってくれる。

京の伝統を味わうことができるおばんざいの店「京菜味のむら」の料理人による、京都ならではの伝統料理法で作られた、こだわりの一品。不要な添加物は使用せず、京都の水に合う利尻昆布のおだしで作ったおばんざいを味わうことができる。

【STAR WARS】スター・ウォーズ おせち

Image: Amazon.co.jp

Image: Amazon.co.jp

『スター・ウォーズ』好きには、たまらないおせち。お重デザインは戦闘機の設計図をモチーフに。銀河内乱の有名な戦い「ヤヴィンの戦い」で、反乱軍に盗まれた帝国軍の設計図がイメージベースとなっている。帝国軍の「デス・スター」を蓋に、側面を反乱軍の戦闘機で囲み、まるで「デス・スター」に向かっているような世界観を表現している。

料理は、焼きえびなど祝い肴を中心の一の重、黒豆や栗きんとんなど和風煮ものが堪能できる二の重、魚介が主役の三の重。バランはドロイドや戦闘機の設計図、ピックは帝国軍と反乱軍の人気者たちをかたどったデザインで、おせちを食べた後も、お弁当などに再び使うことができる。

さらに2018年の『スター・ウォーズ』おせちは、「減塩」「ライトカロリー」にリニューアルされているので、塩分やカロリーが気になる人にもよさそうだ。

ひとり〜ふたり用の小さめおせち

おせち 2018 京都美先監修 和洋おせち

Image: Amazon.co.jp

人気のおせちに、国産の天然ふぐ刺しがセットになっている。おせちは伊達巻や田作り、栗きんとんや海老の姿煮などの「和」の定番に加え、鶏肉とキノコのテリーヌ、タラのトマトバジル焼、タイのエスカベーシュローストビーフなど華やかな「洋」の料理を楽しむことができる、コンパクトでかわいらしい手のひらサイズ。

京菜味のむら おせち「花籠一段」

Image: Amazon.co.jp

京都の「京菜味のむら」の1人前おせち「花籠」。一段で黒豆、煮物、紅白かまぼこ、鮭昆布なると巻、赤魚西京焼きなど、31品の定番おせちを楽しむことができる。合成保存料&合成着色料不使用で、素材にこだわったやさしい味。

犬用おせち

犬用 クリスマスケーキ3号 & ミニおせちセット

Image: Amazon.co.jp

犬用のXmasスターツリーケーキとおせちのセット。クリスマスには馬肉生地の無添加ケーキ、お正月には鶏のむね肉や馬肉、煮干しなどを使った7品目の料理が入ったおせちと、なんとも豪華だ。

犬用おせち料理『年越しそば(犬 おせち 2018)』

Image: Amazon.co.jp

人も食べることができる食材を使った完全無添加、無農薬、減農薬、砂糖、香料不使用の年越しそばとおせち。出世魚であるぶり、金運をもたらす栗、厄を断ち切るソバを使用し、犬の健康を考えたアガリクスとキトサン入りの骨や体にいいそばのタレが使用されている。本格的な手打ちの年越しそばなのが嬉しい。

今回ご紹介したもの以外にも、さまざまなコンセプトのおせちが予約を受け付け中。いつもはなかなか食べることのできない有名店のおせちやキャラクターもの、コラボレーション物など選択肢はたくさんあるので、これぞというものを見つけてみたい。

おせちの注文を考えている方は、そろそろ動き出すべし!

Amazonでは「Amazon Prime会員限定ポイント還元」や「早期割引」などのキャンペーンも実施している。詳細は以下のリンクからどうぞ。

>>「Amazon 2018年おせち特集」のページへ

「ポケモンおせち」[Amazon]
【STAR WARS】スター・ウォーズ おせち[Amazon]
おせち 2018 京都美先監修 和洋おせち[Amazon]
京菜味のむら おせち「花籠一段」[Amazon]
犬 クリスマス ケーキ 3号 サイズ& ミニ おせち[Amazon]
犬用おせち料理『年越しそば(犬 おせち 2018)』[Amazon]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense