タカシマ ユキ

タカシマ ユキ

冬の夜にしっとり楽しみたい、ジュニパーベリーの香り高い蒸留酒ジンとチョコレート。

今までのチョコレートとは違った楽しみ方を提案すべく生まれた「4896」は、香りを楽しむためのボタニカルチョコレートだ。

その特徴は、通常のチョコレートのように素材そのものを材料に香りづけするのではなく、天然の香り(エッセンシャルオイル)を作り、そのオイルを使用するところにある。

ジンと楽しむボタニカルチョコレートの香り

世界遺産「熊野の森」で収集された植物は、チェーンソーは使わず、ノコギリで間伐される。運び出された木から丁寧にカットされた葉を蒸留し、完成した黄金色に輝くオイル。

「多くの人に本能で感じてもらいたい、究極の日本の香り」は、森林浴のように癒されそうだ。

ジンと楽しむボタニカルチョコレートの香り

今回のクラウドファンディングでは、このボタニカルチョコレートに、バーテンダーがカップリングしたジンがセットになっている。

「蒸留」つながりの2つの香りが奏でるハーモニーをぜひ楽しみたい。

4896 [Makuake]

タカシマ ユキ

学校でデザインを学び、ひらめきでパン職人の道へ。その後、会社のデスクに噛りつきDTPに励んでいたと思いきや、突然フランスに移り住み、現在はケーキ屋さんに流れ着きました。 旅先で出会った食器を持ち帰り、それにぴったりの料理を盛り付けるのが楽しみ。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking