ギズモード・ジャパンより転載:

英国のブランド「Sling」から、「レンズキャップを取り付けられるカメラストラップ」など3つのプロダクトが、machi-yaで支援を募集しています。

写真が趣味の人なら「レンズキャップがない」とワタワタした経験は誰にでもあると思います。が、これを使えば磁石の力でレンズキャップを失くすこともなさそう。

今回、手元に届いたので実際の使用感をお伝えしたいと思います。

1. Cap Clip(キャップクリップ)

磁石の力でレンズキャップをくっつけておけるSling

1つめはキャップクリップ。レンズキャップに付属の磁石をつけることで、ストラップの磁石とくっつく仕様になっています。ベルトやバックに着脱できるので、必要なときにだけつけておけるのがいいですね。

磁石の力でレンズキャップをくっつけておけるSling

レンズキャップ側の磁石は両面テープでつけます。磁石同士を近づけるとぴたっとくっつきます。取り外すときは、下にスライドする必要がありますので、磁石が弱くてとれてしまうということもなさそうです。これでレンズキャップを失くす心配はないですね。

2. Grip Sling(グリップスリング)

磁石の力でレンズキャップをくっつけておけるSling

2つめは、グリップスリング。写真を撮るときに手元をがっちりとホールド。側面に磁石がついていますので、レンズキャップに磁石をつければぴたっとくっつく仕様です。

キャップクリップはベルトやカバンなどに取り付けるタイプでしたが、こちらはカメラに取り付けるタイプ。身軽な服装で撮影に行くときは、こちらのほうがいいなーと思いました。もしくは、首からカメラをぶら下げるのが嫌な人もこちらのほうがいいでしょう。

磁石の力でレンズキャップをくっつけておけるSling

ちなみに、ストラップ部分も磁石でくっついているので、このように簡単に着脱可能です。うん、これは便利。

3. Sling Camera Strap(スリングカメラストラップ)

磁石の力でレンズキャップをくっつけておけるSling

3つめは、スリングカメラストラップ。レンズキャップホルダーを搭載したカメラストラップです。ほかの2つと同じように、レンズキャップに磁石をつけることで、レンズキャップを失くす心配が減ります。

それとは別にいいなと思ったのが、ストラップを自由に外せるところ。

磁石の力でレンズキャップをくっつけておけるSling

カメラ側にストラップの受け側をつけておくことで、ストラップ1つで複数のカメラにつなげられます。ストラップを複数用意しなくていいし、付け替えも磁石で簡単。複数のカメラ持ちにおすすめです。

Slingのプロダクトは、現在machi-yaでクラウドファンディング中。Cap Clipは1,700円、Grip Slingは4,100円、Sling Camera Strapは5,900円で支援を募集中です。

この機会に、レンズキャップを失したり、探したりするストレスから解放されてみては?

(島津健吾)

Photo: 島津健吾
Source: machi-ya

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense