幸せな生活は健康ありき。年齢を重ね、それを実感したりする。当たり前のように聞こえるが、普段から自分の健康状態をしっかりと把握している人は周囲に少ないような気がする。

健康管理を自宅で簡単にできる、コンパクトなウェアラブルセンサーが誕生した。「CALM」は心電位・加速度・温度のデータを取得し、AIで分析することで身体の変化や神経のバランス、疲労具合を教えてくれる優れもの。

Image: Amazon.co.jp

AIを用いた分析によって、自身では気づかない身体の変化や神経のバランス、疲労具合を教えてくれるのが特徴。睡眠時やスポーツの前後に利用することで、自分の健康状態をより深く理解できて、最適な運動や休息をとるサポートをしてくれる。

また専用アプリでは、データからユーザーの運動強度・自律神経のバランスや睡眠の質・量を可視化してくれるのもポイントだ。

Image: Amazon.co.jp

革新的なデータセンサリングシステムは、胸に「CALM」を装着するだけで簡単に心電位・3軸加速度・体温のデータを取得する。このセンサリングシステムから心拍や体の動きを計算して、健康状態を正確に測定することができるのだ。

「CALM」本体は軽量・薄型で、睡眠中につけていても邪魔にならないようデザインされている。通常時には、汗や振動で滑り落ちにくいチェストベルト、睡眠時には締め付け感がないゲルパッドが状況に合わせて用意されているのも嬉しい。

Image: Amazon.co.jp

電位や加速度から、睡眠の質を測定し、疲労の回復度合や怪我のリスクなど、運動に与える影響の様々な指標を可視化してくれるウェラブルセンサー。日頃から健康に気を遣っている人はもちろん、運動のパフォーマンスを最大限に発揮したい人もぜひ使ってみて欲しい。

シンプルで使いやすく、価格も13,824円(税込)と健康用のデバイスとしてはお求めやすいので、健康状態が気になる人は一度試してみる価値がありそうだ。

CALM. ウェアラブルセンサー [Amazon]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking