たのしいもの、おいしいものが集まる、こんな街があったら暮らしたい! 糸井重里さんが主宰するほぼ日が開催する商店街「生活のたのしみ展」が、2017年11月15日(水)~19日(日)の5日間、東京、六本木ヒルズに登場する。ROOMIEで取り上げた、前回2017年3月に大盛況だったこのイベント、今回は2回目の開催となる。

六本木ヒルズアリーナを会場に、出店数は約60。面積は前回よりも大幅に拡大されて、ほぼ日の先行販売品や初お披露目商品、クリスマスの季節にぴったりな店、おいしい食べもの……などなどが、一堂に会する。出展するお店をいくつかご紹介したい。

そら植物園 クリスマスのお店

世界中を飛び回り、植物を収集するプラントハンター・西畠清順さんによる「そら植物園」が、クリスマスにちなんだ植物を集めた店。フラワーアーティスト・前田有紀さんデザインのリースや、デザインユニット・sunuiの鉢カバーなども並ぶ。

いぬとねこ。大橋歩の銅版画の店

イラストレーター・大橋歩さんが、描き下ろしの新作版画を販売。エディションつきの限定品の販売や、大橋さんプロデュースのウエアやバッグも登場する。

コップ屋タカハシヨシヒコ

世界的なガラス作家・高橋禎彦さんがつくる色ガラスのうつわは、サラダを盛るのにぴったり。すべて宙吹き製法による一点ものだ。これまでの「コップ屋」のグラス類にも出会えるチャンス。

三國万里子のロンドン&スコットランドみやげと毛糸の店

「生活のたのしみ展」のために、三國万里子さんがほぼ日と、スコットランドとイギリスで買い付けたいろいろなおみやげを展開。その旅からインスピレーションを得たニットのオリジナルキットも販売する。

岡本太郎のくらしの店

岡本太郎記念館とほぼ日のコラボレーション。岡本作品を使ったオリジナルグッズのほか、これまで一般に販売してこなかった岡本太郎作の椅子も販売されることに。

なかしましほさんのおやつの店、今日はおしるこの予行演習でした。とーーってもあったまりますよ!(みちこ) @foodmoodshop

生活のたのしみ展さん(@seikatsu_no_tanoshimi_ten)がシェアした投稿 –

フードでは、たのしみ弁当として、フードスタイリスト飯島奈美さん、銀座のビストロ「マルディ グラ」の和知徹さん、神田の中国東北料理店「味坊」の梁宝璋さん、「chioben」の山本千織さん、それぞれの監修する弁当の販売が予定されている。

他にも料理研究家・なかしましほさん監修のアツアツの「おしるこ」や、画家・ヒグチユウコ×SHOZO COFFEEのコラボレーションでドリンクやスイーツが提供される。

フランス・モレ修道院の『シュクルドルジュ』。 パリ郊外のモレ・シュール・ロワンという地で修道女により作られているキャンディ。大麦を煮詰めていて、べっこうあめのような黄金色。自然な甘さで、どこか懐かしい味がします。 修道院の紋章が描かれた美しい缶は、ピアスやイヤリング入れにも使えそうです。約12粒入り 972円(税込) #生活のたのしみ展 「&Premium 100年おやつの店」でお買い求めいただけます。(き) 写真/清水奈緒 #シュクルドルジュ #svcredorge #moret #アンドプレミアム #100年おやつ #六本木ヒルズアリーナ #キャンディ #大麦キャンディ #フランス

生活のたのしみ展さん(@seikatsu_no_tanoshimi_ten)がシェアした投稿 –

今回ご紹介したのは、もちろんほんの一部。こだわりにこだわりぬいた約60の店舗が集まるのだから、お気に入りの一品に出会えそう。

暮らしの供を探しに行ってもよし、クリスマスアイテムを揃えてもよし、世界の品々に触れてもよし。生活をもっと楽しく豊かにするため、ちょっとのぞいてみたい。

生活のたのしみ展
開催日:2017年11月15日(水)~19日(日)
時間:11時~20時(最終日は17時まで)
場所:六本木ヒルズアリーナ(東京都港区六本木6-10-1)
第2回 生活のたのしみ展[ほぼ日]
seikatsu_no_tanoshimi_ten[Instagram]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking