健康のためにも野菜はたくさん摂らなくちゃ、と思いながらも、忙しくて外食が続くと乱れてしまう食生活。そんなときに頼りになる、「ここに行けば野菜がたっぷり食べられる」というお店を、マイロハスの記事のなかから集めました。

公園の緑に癒されるウッディなカフェ

1710_salad_01.jpg

駒沢公園の入口に位置する「Mr.FARMER」。動物性のものを一切使わないヴィーガンメニューやグルテンフリーのメニュー、高タンパク低カロリーのアスリート向けのメニューを提供。コールドプレスジュースなども豊富。テイクアウトもできるので、お天気がいい日は公園の芝生でピクニックも楽しそう。>>運動後のしっかり朝ごはん。駒沢公園のヘルシーブレックファースト

欧米のサラダボウルを日本風にアレンジ

1710_salad_02.jpg

地産地消がコンセプトの「WithGreen」。その日の気分や体調にあわせて、こだわり抜いた20種類以上の旬の野菜から自分好みにセレクト。お肉、玄米、そしてドレッシングもすべて選べます。「1日分のまるごとサラダ」「たっぷりパクチーと蒸し鶏のサラダ」など、テイクアウトできるお店のオリジナルメニューも充実。>>とにかく野菜を食べたいなら。神楽坂のサラダボウル専門店へ

手間と愛情を込めて育てた野菜たち

1710_salad_03.jpg

シェフ自身が畑に出て育てた野菜を、最も自然に近く、豊かな味わいを持つ状態でメニューにするという「NOZ BY T.Y.FARM」。青梅の自社農園と、近隣の農家で育てた有機野菜は新鮮そのもので、調味料に頼ることなく、野菜本来のおいしさを味わうことができます。>>シェフも野菜づくりから携わる天王州のファーム直営レストラン

素材と栄養にこだわる頼もしいお店

1710_salad_04.jpg

栄養学や予防医学などの情報提供を通じて、健康で充実した人生を送る人々を応援してくれる、カスタムサラダとヘルシーボウルのお店「GOOD LIFE FACTORY」。野菜だけでなく、酵素玄米やキヌアなどの雑穀と、肉や魚、大豆などのタンパク質もあわせて摂れるサラダは、食事としてちゃんと満足できるボリューム感があってうれしい。>>味、素材、栄養に本気。南青山のサラダボウル専門店

契約農家から届くフレッシュな野菜

1710_salad_05.jpg

暮らしに寄り添うデイリープロダクトを提案するブランド「マークス&ウェブ」が出資したレストラン「GREEN’S GREEN」。旬の野菜がたっぷりと食べられるフードメニューのほか、オリジナルのスムージーやスープなども常備。トルティーヤ生地を使ったスイーツも人気です。>>ここなら安心。あのブランドが出資した野菜のレストラン

ヘルシー志向や食の安全性への注目が高まるとともに、産直のものを使った「Farm to Table」が増えてきています。日常的に野菜を摂りながら、たまにはそんな専門店を訪れるのも、野菜本来の味や、新たな野菜の楽しみ方を知るよい機会になりそう。

image via shutterstock

Ranking