体に良い菌を積極的に摂ることで、整腸作用をうながして美容と健康効果がアップするとして、発酵食が注目されています。マイロハスでも日常的な発酵食の摂り入れ方として、発酵マイスターの資格を持つ菜月さんに登場していただきました。今回は、発酵食を専門に提供してくれるレストランや、おうちでの無理のない楽しみ方を提案する記事を集めてご紹介します。

全国から集めた和発酵調味料が決め手

171024_hakko_01.jpg

発酵食品のプロフェッショナルである「醸せ師」の柿本恭子さんが監修したのは、昔ながらの製法でつくられている和発酵調味料に着目したお店「麹と酒 一献三菜 YUITO 日本橋店」。塩麹や酒粕、甘酒などを使った発酵料理が食べられます。さらに、一汁三菜ランチメニューや発酵料理に合うお酒も展開。自慢の調味料は店内で販売しているので、おうちでも楽しむことができます。>>日本橋「麹と酒 一献三菜」で、和発酵調味料の旨味を知る

スタイリッシュな発酵食デリ

171024_hakko_02.jpg

新宿高島屋にある「発酵デリカテッセン カフェテリア Kouji&ko」は、これまでの発酵食品のイメージにとらわれず、見た目から楽しめる「ヌーベルハッコー」がコンセプト。サラダからスイーツまで、すべての料理に発酵食品を使用。とても発酵食とは思えないワクワクするような色鮮やかなメニューに驚きます。>>発酵食品のイメージが変わる。ファッショナブルなデリカフェ

腸活チェックまで行えるレストラン

171024_hakko_03.jpg

醗酵プロフェッショナルの神戸ゆかりさんがメニューを監修したのは、浅草の「Hacco’s Table」。新鮮なレシピとフォトジェニックな醗酵食はもちろん、注目なのが飲食店初の試みとなる「腸活チェック」の導入。店内で販売されているキットを購入し、医療機関に郵送すれば、後日スマホなどで結果がわかるそう。発酵食から本気で健康をサポートしようという気合が感じられます。>>腸内環境を整えて、未病改善までサポートする醗酵食レストラン「Hacco’s Table」

発酵食品が作れるフードメーカー

171024_hakko_04.jpg

イデアインターナショナルの「発酵フードメーカー」は、ヨーグルト以外にもさまざまな発酵食品を作ることができます。専用レシピブックには、西京味噌、塩麹、ワインビネガーなどの8品が。さらにその発酵食品を使ったレシピも8品あり、計16品が掲載されています。ボタンを押したらあとは待つだけでの簡単仕様なので、発酵食品作りがはじめての人でも安心です。>>手作り発酵フードメーカーで発酵食をより身近に

乳酸菌を豊富に含むザワー・クラウト

171024_hakko_05.jpg

ドイツの代表的な発酵食品「ザワー・クラウト」。肉料理のお供として食べることの多いようですが、生で食べるよりもカロリーは減少するのに、発酵させることでビタミンB類が増量。乳酸菌を豊富に含むことから腸の働きを整え、肌をきれいにする働きもあるそうです。基本的にはキャベツと塩があればできるという、シンプルながら常備したくなるサラダです。>>乳酸菌たっぷりで腸にやさしい。キャベツをつかった簡単レシピ

ひとくちに「発酵食品」といっても、納豆や味噌、甘酒のように日本で昔からよく食べられていた食品から、ワインやチーズ、ヨーグルトのように海外からやっていたものまで種類は豊富。専門店のメニューも参考にしながら、体にうれしい変化を期待して毎日意識的に摂りたいです。

Ranking