僕が暮らすオーストラリアには、健康志向の人が多い。そのためかは分からないが、ヨーグルトを食べる文化が日本以上に盛ん。スーパーにはかなりの種類が並んでいるし、ヨーグルトのソフトクリームなんかもある。僕が働いていたオーガニックフレッシュジュースの店でも、ヨーグルトをショーケースに並べて売っていて、ランチにはフルーツをトッピングしたヨーグルトを買いにくる人も多かった。

健康にきちんと気を使うならば、結局は保存料を使わない作り立てのヨーグルトがいいし、自分で最低限の食材で作れたら一番いいということに気づいた。

ヨーグルトを手作りするというとハードルが高そうだが、「Yomee」があれば自宅で簡単にヨーグルトが作れる、自動ヨーグルトメーカーだ。

好きな牛乳を使って作れるヨーグルトメーカー
好きな牛乳を使って作れるヨーグルトメーカーyomee

「Yomee」の使い方は簡単で、好きな牛乳をいれ、乳酸菌の入ったYomee podを加えたら、あとはプレインやギリシャスタイルなどヨーグルとの種類を専用のアプリから選択して6時間待てば完成。

自分で好きな牛乳を使えるから、ベジタリアンのためのミルクや豆乳、アーモンドミルクでも作れるのが嬉しい。Yomee podはノンデイリーもあるので、ベジタリアンやビーガンでも安心して食べることができる。

専用アプリではヨーグルトのレシピも調べられるので、飽きることなく食事に取り入れられそうだ。

購入はクラウドファンディングサイト・Kickstarterにて$99(約11,000円、記事執筆時)から。

腸の健康が最近注目されていることから、ヨーグルトの人気が高まっている。僕の場合は、お腹にあまりたまらずにプロテインを摂取できることから間食としてよく食べる。「Yomee」を使えばヨーグルトがより身近になるし、節約もできそうだからぜひ試してみたい。

Yomee[Kickstarter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking