自転車は奥が深い。数千円のものから何十万、何百万円のものまで存在する。乗る人によって、乗る目的によって、その価値が変わる乗り物だが、人を外に連れ出して遠くの景色を見せてくれることに変わりはない。風を感じながら、自分の体で動かす乗り物の爽快さは何にも代えることができないと個人的には思う。

数々ある自転車の中で、「街を楽しむ」をコンセプトに、東京を走るために作られた人気の自転車ブランド「TOKYOBIKE(トーキョーバイク)」、そして1793年(寛永5年)創業、福井県鯖江市の越前漆器の老舗「漆琳堂」がコラボレーションするという。そして完成したのが「TOKYOBIKE 漆塗りエディション」だ。

この自転車は、中川政七商店が、福井県鯖江市河和田地区で年に1度開催される体験型マーケット・RENEWとタッグを組んで開催する工芸の祭典「RENEW×大日本市鯖江博覧会(10月12日(木)~15日(日)の4日間開催)」をきっかけに実現したコラボレーション。その名の通り、漆塗りの自転車なのだ。

TOKYOBIKEの漆塗りの自転車

TOKYOBIKEの新モデル「TOKYOBIKE SS」に、漆琳堂が手掛ける漆器ブランド「aisomo cosomo」の人気色、モスグリーン×オレンジを採用。

漆器を塗る時と同様、刷毛の跡やムラを残さず塗りあげる高度な技術で作られている。

TOKYOBIKE×漆器の老舗・漆琳堂のコラボレーション

漆琳堂の塗師・内田徹さんはこう語る。

器の場合は回転風呂という機械を使って回しながら塗るところ、自転車はそうもいかない。ホコリがつかないように自転車が入るぐらいの箱を作って、そのなかで漆を塗っては 20~30分おきに静かに、ゆっくりと箱の中で回転させるということを繰り返しました。お椀は数分で塗れるのに、自転車はふたりがかりで半日ほどかかりました(内田さん)

「TOKYOBIKE 漆塗りエディション」は、塗り直しや修理にも対応してくれ、何度も塗り直して長く使うことができるのも、日本の工芸品ならではの魅力。配色の変更や蒔絵(まきえ)のオーダーも受け付けてくれるそうだ。

TOKYOBIKEによる完全オーダーメイドで、価格は270,000円~。

使い込むほどに味が出て、一生の相棒となりそうな自転車は、こだわりの逸品に触れてみたい人にぜひ。

RENEW×大日本市鯖江博覧会
TOKYOBIKE SS[TOKYOBIKE]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking