食品サンプルをはじめとして、本物そっくりの雑貨の人気が高まっているように思う。精巧に作られたものは、なぜ人をワクワクさせるのだろう。

そして、最近「パン」をモチーフにした雑貨もよく見かけるようになった気がするのは私だけではないはずだ。

パンは鉄砲と共に日本にやってきて、1840年アヘン戦争の兵糧として日本でもパンが試作され、明治2年には日本初のベーカリー「木村屋総本店」が東京に開業。欧米には及ばないかもしれないが、私たちにもなじみ深い食べ物、それがパンなのだ。

パンが、味もモチーフとしても好きな人は結構多いと思うし、実際Amazonを覗くとパンモチーフのアイテムがかなり多くて驚いたのもあって、今回は本物そっくりに見えるパン雑貨をご紹介してみたい。

まるでパンみたいなスリッパン

Image: Amazon.co.jp

Image: Amazon.co.jp

「まるでパンみたいなスリッパン」は、もふもふふかふかで心地よい履き心地のスリッパ。フランスパン、ロールパン、コッペパンの3種類がある。足元からパンを感じることができるのはパン好きとしてはたまらない、のかも?

ペット用のパン型ソファーベッド

Image: Amazon.co.jp

Image: Amazon.co.jp

ペット用のパン型ソファーベッドは、起毛感のある素材で弾力性が高く、ふわふわモフモフしている。もちろんペットだけでなく、人間も座布団や背もたれクッションとして使うことができる。カバーは取り外して洗濯機で洗えるので、いつでも清潔に保つことができるのがいい。

体にフィットする食パン型座椅子

Image: Amazon.co.jp

Image: Amazon.co.jp

低反発ウレタン製で、体にフィットする食パン型の座椅子。5段階のリクライニング機能付で、食パン座椅子、トースト座椅子、目玉焼き座椅子、カビパン座椅子、メロンパン座椅子がある。カバーは取り外し可能。国内でひとつひとつ丁寧に作られている。

全長約96cmの焼きそばパンな抱き枕

Image: Amazon.co.jp

Image: Amazon.co.jp

大好きなパンに抱きついて眠ることができる抱き枕。焼きそばパン、ホットドッグなどがあり、全長約96cmなので抱きごたえがありそう。ふかふかとした触り心地はよい眠りへいざなってくれそうだ。

パンケーキ、ストロベリーケーキなどのビーズクッション

Image: Amazon.co.jp

Image: Amazon.co.jp

極小ビーズが入ったフロアクッション。下の面は綿生地で、座布団や枕代わりとして使うことができる。ビーズは補充も可能。パンケーキ、ストロベリーケーキ、ドーナッツ、フルーツミックスの柄がある。

卓上カレンダー

Image: Amazon.co.jp

Image: Amazon.co.jp

木版画のパンやお菓子のイラストが入った卓上カレンダー。木版画の普及活動を行う彦坂有紀さん、もりといずみさんによる「彦坂木版工房」のほんわかした雰囲気が素敵だ。毎月さまざまなパンを眺めることができて、インテリアとしてもいい感じ。

他にも布団、バッグ、財布、時計、アクセサリー、テッシュケースにスマホケースなど、ありとあらゆるパン雑貨を探すことができる。好きなものは近くにあるだけでテンションが上がるし、パン好きは思いきってもっと暮らしにパンを取り入れてみては。

>>「パン 雑貨」のアイテム一覧へ

スリッパ
ペット用クッション
座椅子
抱き枕
クッション
カレンダー

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking