毎日にクリエイティブをおくる、今月のうたと暮らしは、「短歌」の表現のおもしろさを知ってもらう企画。
「短歌」に意識を向けてみたら、140文字より圧倒的に少ない“31文字”のことばに、詰まっているものに驚いた。ハッとしたり想像が膨らんだりするのがとても楽しく、日々にクリエイティブな視点を与えてくれる気がしている。

その月に合ったテーマで月1本、リレー形式で毎月異なる歌人の短歌を、描き下ろしの10首連作でお届けする。
連作の中にある展開やストーリーを、まずは楽しんでみてほしい。

第5回目の歌人は山川 藍さん、テーマは「キッチン」。

秋の確信

山川 藍



オーブンが壊れグリルで焼き今は電子レンジでホットサンドを



なんてことない鍋つかみにマグネット仕込めば自由自在に貼れる



ささやかにふくらむしっぽ勝手口から外を見るやわらかい猫



キッチンの隙間に消えたゴキブリの存在感が膨らむ深夜



洗濯機よこに並んだ殺虫剤ガラスクリーナー凍殺ジェット



白っぽい壁へ追いつめられた蚊がスパイス棚の混沌カオスにとける



旅をしたしるし増えてく冷蔵庫からずり落ちるクルテク磁石



iPadに杉浦日向子をとじこめて一緒に行きたいチェコ共和国



虫が出たことに全く興味ないねこは前足たたんで座る



ふくらはぎつる確信に目は覚めてなすすべもなくこむら返りす




山川 藍(やまかわ・あい)
1980年生まれ。愛知県名古屋市出身。結社「まひる野」マチエール欄所属。短歌ユニット「北山川」による同人誌『無銭飲食』発売中。2018年2月、第一歌集『いらっしゃい』(角川書店)刊行予定。
ブログ:藍天ブルースカイ
北山川twitter:@kitayamakawa

illustrated by ki_moi

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense