毎日忙しくがんばる仕事。たまのブレイクタイムを癒してくれるのが、毎日のおやつだ。ROOMIE編集部員が休憩中に食べたおやつや、いただきもののお菓子、取材先へのおもたせなどをご紹介。おやつは、ただの空腹満たしにあらず。チョイスやタイミングで人生が変動する、1日で最もキーとなる時間なのだ!

ナチュラルポテトチップス界のNo.1

全米ナチュラルポテトチップスNo.1『Kettleポテトチップス』

高級ポテトチップスが日本でも流行っているが、ポテトチップス大国・アメリカでもポテトチップスの格というものがあるのを、今住んでいて感じる。

特にナチュラルポテトチップスとして有名なのが『Kettleポテトチップス』である。厚みのある袋にはちょっとした高級感があり、健康を意識したお高めのスーパーマーケットには必ずと言っていいほど置かれているポテチだ。

おいしくておつまみにぴったりな全米ナチュラルポテトチップスNo.1『Kettleポテトチップス』

“ポテト”を感じる厚さがあり、カリッとした食感がたまらない。ビールをお供にすれば、ひとりでもすぐに一袋食べてしまえる恐ろしさ。

新鮮なポテト、選び抜かれたオイル、ナチュラルな素材を使い、風味がいいのがこのポテチの強み。さらに、複数のフレーバーがあるので自分好みの味が必ず見つけられるはず。

おいしいおつまみ、全米ナチュラルポテトチップスNo.1『Kettleポテトチップス』

袋の裏面もこだわられていて、グラフィックデザインのよさから気になって読んでしまう。それだけこだわられたポテトチップスなのだ。

イチオシは、シーソルト&ビネガー味。お酢の酸っぱさがさっぱりしていて、かつビールによく合うので、ぜひ試してみて欲しい。もちろん、ナチュラルポテトチップスだからと言って、食べ過ぎ&飲み過ぎ注意である。

ROOMIEおやつ部バックナンバー
おもたせにもオススメの逸品。和久傳の『わたぼうし栗餡』
ついつい食べてしまう、絶妙な甘みと風味のバランス。木村屋の『ジャンボむしケーキ』
今夜はお月見。やまざきの『月見団子』で月を愛でたい
コンビニでひときわ輝くパッケージ『ショコランタン』
甘じょっぱさが癖になる、ピーナッツバター×アメリカンチョコ『Reese’s』
湖池屋プライドを背負った『KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感 長崎平 釜の塩』
トランプ感がすごい『食べるトランプ』、わりと盛り上がる
大人向きのサイズ感が新鮮。無印良品『大粒卵ボーロ』
半冷凍にしてもおいしい。セブンイレブンの『もちとろチョコミント』
海老感がすごい。『湖池屋スゴーン 海老まるごと』
はんなりもっちり、広島の『生もみじ』
缶デザインが渋い。ジャケ買いしたくなる『榮太樓飴 黒飴』
噛みごたえのある人生を生きる『ビーフジャーキー』
小袋を開けると、栗の香りが広がる『はいからサブレー 栗』
スイーツ界のインスタ映え部門に推薦『クリスピー・クリーム・ドーナツ』
ポテチ×チョコという絶対的安定感『じゃがチョコ』
週の半ばは呑むべき日、おともは『鳥皮レモン』
『チョコリエール』が、ブルボン商品の中で1番だと信じてやまない
気のりしない月曜日の癒しメイト『さくさくぱんだ』

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense