毎日忙しくがんばる仕事。たまのブレイクタイムを癒してくれるのが、毎日のおやつだ。ROOMIE編集部員が休憩中に食べたおやつや、いただきもののお菓子、取材先へのおもたせなどをご紹介。おやつは、ただの空腹満たしにあらず。チョイスやタイミングで人生が変動する、1日で最もキーとなる時間なのだ!

ピーナッツを感じる、ヘビーな甘さ

ピーナッツバター×アメリカンチョコReese's

アメリカ在住の私。街のどこでも見かけるチョコレートといえば『Reese’s』だ。ピーナッツバターベースのチョコレートで、ちょっと塩気を感じる、甘くておいしい癖になる味

さすがピーナッツバターとチョコレートのダブルパンチなので、小さなパッケージに入った2つを食べるだけで、おなかが簡単に満たされる。

甘いアメリカンなお菓子、ピーナッツバター×アメリカンチョコのReese's

『Reese’s』には、小粒状のものなど様々な種類があるのだが、中でも私がイチオシなのは円盤状カップ。少々食べにくいが、上手に食べれば溢れることも手が汚れることもない。

ただ、カバンの中に長時間入れて置くと、きれいな円盤がひび割れ状態になってしまうので注意が必要。私は一度カバンの中で粉々にしてしまったので、できるだけ衝撃を避けて保存している。

ピーナッツバター×アメリカンチョコが美味しいアメリカのお菓子Reese's

アメリカンなお菓子を代表すると言っても過言ではない『Reese’s』は、Amazonにて並行輸入商品として購入が可能。他の海外お菓子とは違い、なかなか日本の街中で見かけることが少なく若干高めではあるが、この麻薬のような味、一度試してみる価値はあると思う。

ROOMIEおやつ部バックナンバー
湖池屋プライドを背負った『KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感 長崎平 釜の塩』
トランプ感がすごい『食べるトランプ』、わりと盛り上がる
大人向きのサイズ感が新鮮。無印良品『大粒卵ボーロ』
半冷凍にしてもおいしい。セブンイレブンの『もちとろチョコミント』
海老感がすごい。『湖池屋スゴーン 海老まるごと』
はんなりもっちり、広島の『生もみじ』
缶デザインが渋い。ジャケ買いしたくなる『榮太樓飴 黒飴』
噛みごたえのある人生を生きる『ビーフジャーキー』
小袋を開けると、栗の香りが広がる『はいからサブレー 栗』
スイーツ界のインスタ映え部門に推薦『クリスピー・クリーム・ドーナツ』
ポテチ×チョコという絶対的安定感『じゃがチョコ』
週の半ばは呑むべき日、おともは『鳥皮レモン』
『チョコリエール』が、ブルボン商品の中で1番だと信じてやまない
気のりしない月曜日の癒しメイト『さくさくぱんだ』

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense