Reebok(リーボック)の画期的テクノロジー「DMX Moving Air Technology」。それを初めて搭載したモデル「DMX RUN 10」が発売されたのは1997年だった。誕生から20年を経た2017年、「DMX RUN 10」がオリジナルカラーで復活する。

リーボックのDMX RUN 10
かっこいいリーボックの「DMX RUN 10
おしゃれなスニーカー、リーボックのDMX RUN 10

「DMX RUN 10」が備える最大の特徴は、ソールに搭載された“エアポッド”だ。地面を蹴るたびに空気が圧縮され、優れた安定性とクッション性を生み出してくれる。

DMX Moving Air Technologyを搭載したリーボックのDMX RUN 10
限定スニーカー、リーボックのDMX RUN 10
トレンドのリーボックのDMX RUN 10のスニーカー

ユニークなフォルムや随所に施されたリフレクターは、近未来的なデザインとして90年代を牽引してきた。一世を風靡したデザインが復刻するのは、ファンにはたまらないところ。

ランニングが流行となっている今、「DMX RUN 10」はまた新たな輝きを持ってランナーを支えるだろう。

ランニングにいいリーボックのDMX RUN 10
安定性が高いリーボックのDMX RUN 10

「DMX RUN 10」は18,000円(税別)で、Reebokオンラインショップ、全国のReebokクラシック直営店舗、およびビームス2店舗で展開されている。2017年秋冬モデルである「DMX RUN 10 SE」も1カラー登場しこちらは16,000円(税別)での発売。

[Reebokオンラインショップ]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense