SHARE

毎日忙しくがんばる仕事。たまのブレイクタイムを癒してくれるのが、毎日のおやつだ。ROOMIE編集部員が休憩中に食べたおやつや、いただきもののお菓子、取材先へのおもたせなどをご紹介。おやつは、ただの空腹満たしにあらず。チョイスやタイミングで人生が変動する、1日で最もキーとなる時間なのだ!

ポテチ×チョコの絶対的安定感

ポテトチップスに、チョコレートを付ける。「それは絶対おいしい」と感じる珠玉のアイディアだ。たしか最初に目にしたのは、ロイズ社の「ポテトチップチョコレート」であった。

あの感動を忘れることはないが、190gという量なので、結構多い(もちろんひとりで食べる前提)。おいしいので手が止まらず食べきってしまうのだが、ひとりで食べるには、さすがに高カロリー過ぎる。

ポテチ×チョコというカロリーマシーン『じゃがチョコ』

そこで、ブルボンの『じゃがチョコ』だ。コンビニでサクッと購入することができ、40gとそこまで多くない。

ポテチ×チョコというカロリーマシーン『じゃがチョコ』

くっついたモノに出会えるとうれしい。

ポテチ×チョコというカロリーマシーンと対峙すると、自分で制することは非常に難しいので、そもそも内容量が少ないモノを選択したい。その点『じゃがチョコ』はちょうど良い。

手軽に、毎日でも食べられるということは「おやつ」として大切だ。贅沢路線は、友人や家族で、ゆったりとした時間の嗜みとして味わう。それで良いと思う。

ポテチ×チョコというカロリーマシーン『じゃがチョコ』
ポテチ×チョコというカロリーマシーン『じゃがチョコ』

アラサーの身体は油断するとすぐ太ってしまうことだろう。

「それでも食べたい」という欲望に対してある程度距離を保ち、付かず離れずな関係で暮らしていこう。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense