1716年創業の奈良の老舗として、暮らしにまつわる道具を展開する「中川政七商店」。利便性だけでなく思想やストーリー、環境などの商品背景が問われる今、日本のものづくりを見直し、日本の工芸を元気にする取り組みを行っている。

中川政七商店のスタッフの方に、季節に合わせたオススメアイテムを教えていただく企画。今回は「アウトドアを快適にするアイテム」をテーマに、中川政七商店 表参道店店長・藤本諭美さんお気に入りのアイテムをご紹介いただいた。

中川政七商店 表参道店店長の藤本さん

中川政七商店 表参道店店長の藤本さん

THE WET TOWEL ポケットタイプ(864円)

THE WET TOWEL ポケットタイプ
菌を殺菌するTHE WET TOWEL ポケットタイプ

THE WET TOWEL」は、秋の行楽シーズンに潜む食中毒対策にオススメです。一般的な除菌シートは“シートに菌を移しただけ”の状態で、再度触れるとまた菌がついてしまうんです。

「THE WET TOWEL」は殺菌できる水溶液をシートに含ませているので、菌を死滅させてくれます。

アウトドアに最適な、殺菌するTHE WET TOWEL ポケットタイプ

シートに厚みがあって破れにくいから、いろいろなものを拭くことができるし、アルコールのにおいもきつくありません。アウトドアで配れば、人気者じゃないでしょうか(笑)。私の場合は、出張先には必ず持っていきます。海外旅行に行くと、日本と違っておしぼりがないことも多いですしね。

自分用はもちろんですが、お子さんとアウトドアを楽しみたい家族や、赤ちゃんがいるご家庭に贈ると喜ばれると思いますよ。

アウトドアボディスプレー(1,782円)

中川政七商店オリジナルの虫除けスプレーアウトドアボディスプレー

中川政七商店オリジナルの虫除けスプレー「アウトドアボディスプレー」は、レモンユーカリとミント精油の爽やかな香りが特徴です。100%天然由来の素材を使っていて、ノンアルコールなので、お子さんや妊婦さんも使用できます。

特に男性の人気が高く、リピートされる方はかなり多いです。虫が寄ってこないだけでなく、虫除けスプレー独特の嫌な香りがまったくないし、UV成分と保湿成分が入っているので、虫除けしながら肌ダメージを防げるんですよ。

中川政七商店オリジナルの虫除けスプレーアウトドアボディスプレーは便利

私も愛用していますが、首まわりにも使えるのと、毎日使ってもワンシーズン以上保つ量のたっぷりさが気に入っていますね。

かもしか道具店 グリル皿(小2,160円、中4,104円、大4,860円)

直火、レンジ、オーブン可能なかもしか道具店 グリル皿

かもしか道具店 グリル皿」は、直火、レンジ、オーブン可能という優れもの。耐熱性の高い萬古焼(ばんこやき)なので、網の上でも使えます! 色は黒、白、茶の3色で、あたたかみがある色合いがいいですよね。

小〜大まですべて、キッチンの魚焼きグリルに入るサイズです。ご自宅での普段使いはもちろんですが、アウトドアに持っていくのが特にオススメ。私はタオルやハンカチで包んで持っていきますが、パッキングしやすさが気に入っています。自宅ではグラタンなどを作りますが、浅めのお皿なので火の通りがよく、カリッと焼き上がりますよ。

直火、レンジ、オーブン可能でアウトドアに最適なかもしか道具店 グリル皿

軽いから持ち上げ、出し入れがしやすいですし、そのままお皿として食卓に出したいデザインなのもオススメポイントですね!

燃えない繊維で作った鍋つかみ(7,344円)

燃えない繊維で作った鍋つかみ
中川政七商店オリジナルの燃えない繊維で作った鍋つかみ

かもしか道具店のグリル皿と合わせて使って欲しい、中川政七商店オリジナルの「燃えない繊維で作った鍋つかみ」。熱を通しにくい素材と構造で、火に触ってもまったく熱くないんです!

薄手なのと、指を入れる部分が短いのが特徴です。お皿を持っている感触が手にしっかり伝わり、かつ手を出し入れしやすく、お皿をテーブルに運んだらパッと外して鍋敷きにもなります。

ちょっとお高いんですが……焦げ目が目立たない色ですし、ネットに入れて洗濯もできるので、長く使っていただけます。

THE KITCHEN SPONGE(540円)

THE KITCHEN SPONGE

使いやすくてスタンダードな“定番プロダクト”を開発するブランド・THEから出ている「THE KITCHEN SPONGE」は、洗剤がいらないスポンジです。

元々、異物混入に気をつかう食品加工工場で使われていた業務用素材なので、強度が抜群なんです! 表面にゴムが入っているので、いくら使ってもヘタらない。半年に一度交換するか、煮沸消毒すればもっと長い間使えますよ。

私は水回りに極力物を置きたくないのですが、これは気にならないデザインなので特別に置いています。油汚れやフライパンにこびりついた焦げは50度以上のお湯で洗えば落ちますし、プラスチックのお弁当箱でも使えて、陶器、フランパンを洗うのにもオススメですね。環境に配慮し、洗剤を使えないキャンプ場もある中で、これを持っていると無敵です。

ちなみにお風呂用サイズの「THE SPONGE」もあって、湯船につかった後、洗剤を使わずにそのまま掃除して出られるから、便利ですよ。

経木(540円)

お弁当に使いたい経木
中川政七商店の経木

経木(きょうぎ)」ってご存知ですか? 国産の赤松から作られている通気性と殺菌性の高いアイテムです。これ、本当にオススメなんです!

お弁当に使うのに適していて、底に敷いて汁気を吸いとったり、細かく切れば仕切りになります。おにぎりや水で濡らしたごはんを包めば、調湿作用でおひつに入れたようにおいしくなります。揚げ物や餃子の下に引いて油をほどよく切ったり、洗った野菜やゆで野菜の水気を吸わせてキッチンペーパーのようにも使えたり。

繊維が走る縦方向にはスーッと割けるので、私は横方向だけハサミを入れて適度なサイズにしておいて、ジップロックにまとめています。お弁当にパッと入れられるから便利ですね。電子レンジにかけても、冷凍しても問題なしです。

スーパーで調達したお肉を包んで臭みを消したり、お皿の代わりにしたりする経木

アウトドアに持って行っても重宝します! 食材をタッパーに詰めるときに下に敷いたり、スーパーで調達したお肉を包んで臭みを消したり、お皿の代わりにしたり。しかも、プラスチックと違ってそのまま紙ゴミと一緒に捨てられるのも便利ですよね。

ウォーキング靴下(1,404円)

山を登るくつした

靴下の産地、奈良県の靴下ファクトリーブランド・2&9(ニトキュー)から、「山を登るくつした」をオススメします。今年5周年のブランドですが、定番品も毎年改良を重ねている商品です。

靴下の産地、奈良県の靴下ファクトリーブランド・2&9の山を登るくつした

名前の通り、山登りと真摯に向き合って作られています。母趾球(ぼしきゅう、足の裏の親指の付け根あたり)を使うと歩きやすいので、しっかり親指が使える足袋型。また、疲れると足が引っかかったりしますが、つま先を立体構造にすることで、自然と足の親指を上向けてくれますし、かかと部分がクッション性のあるパイル編み加工なので、着地時の衝撃を吸収し負担をやわらげます。

さらに、足首とかかとをホールドするテーピングや、足首を圧迫・固定し、足の関節の安定感を高める特殊な編み加工も。家に帰るまで楽に過ごせますよ。

21〜23/23〜25/25〜27の3サイズ展開で、通常よりも小さなサイズからお作りがあるので、子どもやお年寄りの足にも対応可能です。

トレッキングやウォーキングなど足をしっかり動かすときや、ウォーキング好きな方へのプレゼントにオススメです。

靴下やハンカチへの刺繍サービスも行っているのでご活用ください

プレゼントであれば、靴下やハンカチへの刺繍サービスも行っているのでご活用ください!

※価格はすべて税込み

中川政七商店・店長のオススメグッズ
梅雨をきもちよく乗り切る3アイテム

Photographed by Kayoko Yamamoto

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense