エールビールのひとつ、スタウト発祥の地であるアイルランド。そんなアイルランドの街コークのパブでのちょっとした会話からスタートし、現在50を超える国と地域で販売され、クラフトビール好きをもうならせるウイスキー『ジェムソン カスクメイツ』が、遂に日本に上陸した。

ジェムソン カスクメイツ

アイリッシュ・ウイスキー「JAMESON(ジェムソン)」がブランド初の試みとしてスタウトビールの熟成樽でフィニッシュ(後熟)した新商品。

このウイスキーはジェムソンのミドルトン蒸溜所があるアイルランドのコークで人気を博すマイクロブルワリー「Franciscan Well(フランシスカン・ウェル)」とのコラボレーションで誕生したもの。

ジェムソン カスクメイツ

「ジェムソン」ウイスキーの熟成に使用した樽で「フランシスカン・ウェル」のアイリッシュスタウトを熟成してバレルエイジドビールを造り、そのビール熟成樽を再び蒸留所に戻して「ジェムソン」ウイスキーのフィニッシュに使用することで、ビール熟成樽由来の新しい味わいを造り出している。

ジェムソン カスクメイツ

スタウトビールの熟成樽で後熟することで、『ジェムソン カスクメイツ』はカカオやコーヒー、バタースコッチ、微かなホップなどのフレーバーが加わった、リッチで複雑な味わいを実現しているのだ。

9月4日から日本発売がスタートした『ジェムソン カスクメイツ』。ウイスキー好きはもちろん、クラフトビール好きにも試して欲しい1品であることは間違いない。

ジェムソン カスクメイツ

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense