今人気の「冷やしおでん」。暑い日は、出汁が染みたおでんを、ひんやり冷やして召し上がれ。

ベースの出汁は、昆布とかつおで取った合わせ出汁がおすすめ。手軽な出汁パックを使うと簡単だ。この合わせ出汁に酒と塩を加えるだけなので、とてもシンプルなのだ。おでんの具は、好みのものを。今回ご紹介する具は冬瓜、オクラ、ミニトマトといった夏野菜をメインに、厚揚げ、糸こんにゃくなどの定番の具、食感のアクセントにれんこんを加えた。

冷やしても温めてもおいしい「塩おでん」は、作り置きのおかずとしても重宝し、おつまみとしてお酒のおともにも最適な一品。

『冷やしておいしい、塩おでん』

冷やしておいしい、塩おでんのレシピ

材料(2人分)

・冬瓜(200g)
・れんこん(4センチ厚)
・厚揚げ(150g)
・糸こんにゃく(4~5個)
・オクラ(3~4本)
・ミニトマト(5~6個)
・出汁(500㏄)
・酒(大さじ2)
・塩(小さじ1/2)

作り方

STEP1

冬瓜はピーラーで皮をむき一口大に切り、れんこんはピーラーで皮をむき1センチ厚に切り酢水にさらす
冬瓜はピーラーで皮をむき一口大に切り、れんこんはピーラーで皮をむき1センチ厚に切り酢水にさらす塩おでん

冬瓜はピーラーで皮をむき一口大に切り、れんこんはピーラーで皮をむき1センチ厚に切り酢水にさらす。オクラは塩で表面をこすり水で洗い流し、茎の先を切り落とし、黒いガクの部分を包丁でむく。

STEP2

小鍋に冬瓜と水を入れ、沸騰したら火を弱め5分ほど茹でる

小鍋に冬瓜と水を入れ、沸騰したら火を弱め5分ほど茹でる。

STEP3

ミニトマトの皮の剥き方
ミニトマトの皮を簡単に向く方法
塩おでんにはミニトマトを
ミニトマトはヘタを取り、反対のてっぺんに竹串を軽く刺し、熱湯にサッとくぐらせると、皮がさけ、つるんと剥ける

冬瓜が柔らかくなったら取り出し、残りのお湯でミニトマトの湯むき、糸こんにゃくの下茹で、厚揚げの油抜きを順に行う。

ミニトマトはヘタを取り、反対のてっぺんに竹串を軽く刺し、熱湯にサッとくぐらせると、皮がさけ、つるんと剥ける。

糸こんにゃく、厚揚げは、それぞれ熱湯に10秒ほどくぐらせる
厚揚げの下処理

糸こんにゃく、厚揚げは、それぞれ熱湯に10秒ほどくぐらせる。

STEP4

お鍋に出汁、酒、塩を加えて混ぜ、冬瓜、れんこん、厚揚げ、糸こんにゃくを加えて火にかけ、沸騰したら弱火にし、落し蓋をして20分煮る

別のお鍋に出汁、酒、塩を加えて混ぜ、冬瓜、れんこん、厚揚げ、糸こんにゃくを加えて火にかけ、沸騰したら弱火にし、落し蓋をして20分煮る。

STEP5

オクラ、ミニトマトを加えて火を止め、そのまま冷まして味を含ませる

オクラ、ミニトマトを加えて火を止め、そのまま冷まして味を含ませる。冷やすときに味が染みていく

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense