甲斐みのり

甲斐みのり

2
口に入れたときのハイな気分、収集欲をかき立てるパッケージ、なんだったらメッセージ性。連載「スナック・タイム」では、文筆家・甲斐みのりさんが、男の空腹を満たすためだけではない「嗜好品」としての食べものを紹介。第11回は、「コロンバン」のビスキュイ トリコロール。

口に入れたときのハイな気分、収集欲をかき立てるパッケージ、なんだったらメッセージ性。連載「スナック・タイム」では、文筆家・甲斐みのりさんが、男の空腹を満たすためだけではない「嗜好品」としての食べものを紹介。第11回は、「コロンバン」のビスキュイ トリコロール。

幼い頃の、セピア色の思い出

缶入りクッキーを前にすると、きゅっと胸が切なくなる。親戚中で祖母の家に集まったお盆休み。庭の木を剪定する植木職人さんのおやつ。ピアノのお稽古のあと先生のためにおこなうお茶支度。実家で過ごした幼い頃の、セピア色の思い出がよみがえる。

何種類かあるクッキーの中からお気に入りの味が決まると、手を出すのはそればかり。たまたま姉や親戚と好みが重なると、競うように次々クッキーを頬張った。

缶入りクッキーを前にすると、きゅっと胸が切なくなる。親戚中で祖母の家に集まったお盆休み。庭の木を剪定する植木職人さんのおやつ。ピアノのお稽古のあと先生のためにおこなうお茶支度。実家で過ごした幼い頃の、セピア色の思い出がよみがえる。何種類かあるクッキーの中からお気に入りの味が決まると、手を出すのはそればかり。たまたま姉や親戚と好みが重なると、競うように次々クッキーを頬張った。

食べ進めるほど、缶の中はがらんと寂しくなってくるけれど、私はほくほく。中身が空になったら缶をもらって、バニラの香りの消しゴムや短くなった鉛筆やキラキラ光る髪留めやファンシーショップで買ったシールや少女漫画の付録やら、大切なものを詰め込んで、宝箱にするのだから。

クラシカルな「コロンバン」の焼き菓子たち

大正13年創業の「コロンバン」は、日本で初めて本格的なフランス菓子を販売した洋菓子店。コロンバン創業者・門倉國輝氏がショートケーキを考案したと聞いた甘党の友人は、「人生に楽しみを与えてくれた恩人」といったほど。

そんな「コロンバン」で昭和30年代~60年代に販売されていた人気の焼き菓子の詰め合わせを、現代風にアレンジして復刻販売したのがビスキュイ トリコロール。10種類全てが手作りで、どれもさっくり歯ごたえがよく誠実で優しい味。フランス国旗をあしらった缶もクラシカルで、少女時代にクッキー缶を宝箱にしていたことを思い出した。

そんな「コロンバン」で昭和30年代~60年代に販売されていた人気の焼き菓子の詰め合わせを、現代風にアレンジして復刻販売したのがビスキュイ トリコロール。10種類全てが手作りで、どれもさっくり歯ごたえがよく誠実で優しい味。フランス国旗をあしらった缶もクラシカルで、少女時代にクッキー缶を宝箱にしていたことを思い出した。

食べ進めるほど、缶の中はがらんと寂しくなってくるけれど、私はほくほく。中身が空になったら缶をもらって、バニラの香りの消しゴムや短くなった鉛筆やキラキラ光る髪留めやファンシーショップで買ったシールや少女漫画の付録やら、大切なものを詰め込んで、宝箱にするのだから。

お菓子選びに慣れていない男友だちに、大勢で集まる場所に持って行くものや、帰省みやげを相談されるけれど、人が集う場にクッキー缶はよく似合う。私もこの夏、実家にひと缶、持ち帰った。

Photo by Ryuichiro Suzuki

甲斐みのり

文筆家。静岡生まれ。大阪芸術大学文芸学科卒業後、京都で過ごし、その後に東京へ。旅、散歩、お菓子、手土産、クラシックホテルや建築、雑貨に暮らしなど、女性の憧れを主な題材に書籍や雑誌に執筆。東京や関西で、まち歩きや手土産などカルチャースクールの講師もつとめる。雑貨やイベントの監修をおこなう「Loule(ロル)」を主宰。近著に『お菓子の包み紙』(グラフィック社)、『一泊二日 観光ホテル旅案内』(京阪神Lマガジン)『地元パン手帖』(グラフィック社)など、著書は20冊以上。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking