通勤、通学、ちょっとした外出、子どもとのお出かけにアウトドア。水分補給のために水筒やドリンクボトルを持ち歩くことは多いだろう。

保冷や保温ができるタイプだとそこそこ重さがあり、しっかりした作りになっているものが多い。

それらは、中身を飲み干して空っぽになっても結構かさばるので、もっと軽く、コンパクトになったらいいのにと思っていたところ……2016年秋にクラウドファンディングで資金調達して話題になった伸縮自在のボトルのことを思い出した。

Image: Amazon

Image: Amazon

que Bottle(ケ ボトル)」は、伸縮自在で折りたたむと半分のサイズになる、100%食品用シリコンで作られたボトル。約355ml(12 fl oz)と約600ml(20 fl oz)の2種類のボトルがあり、用途によって使い分けてもいい。

Image: Amazon

冷たい飲み物はもちろん、温かい飲み物は60℃の温度まで入れることができる。

金属やプラスチック製の容器とは異なり、シリコーンはニオイがほとんどなく、水の味を変えることがないという。漏れ防止対策も取られており、誤って落としてしまっても衝撃に強いので安心だ。食洗機にも対応している。

CNNによると2050年までに、世界中の海にいる魚の数よりも海に漂うプラスチックの数の方が多くなる可能性があるといわれている。これはかなり衝撃的な数字だと感じるからこそ、できるだけペットボトルの使用を減らすことができたらいい。

Image: Amazon

人や地球に無害な素材であり、100%リサイクルできるシリコン素材の「que Bottle」。これが当たり前の世の中になるといいのかもしれない。

que Bottle
que Bottle [Kickstarter]
que Bottle [Amazon]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking