鶏そぼろといえば甘じょっぱい味付けが多いが、今回紹介するレシピは、甘みを抑えたしょうゆベース。生姜をみじん切りにしてピリッと効かせた大人味だ。

生姜に含まれるショウガオールには血行を促進する作用や、体を温める働き、新陳代謝の活性化、発汗作用を高める働きなどがあるという。夏バテ予防に最適なのだ。

疲れやすくだるさが抜けない、食欲がない、睡眠不足などの症状が続いたら夏バテかもしれない。夏バテすると自律神経の働きが乱れ、血行が悪くなる。血行が悪くなると、体内の細胞に必要な酸素や栄養が行き渡らず、体内に余分な水分や老廃物、疲労物質などが増えてしまう。

夏は冷房で体が冷えやすいため、生姜で体の中から温めると良いのだ。

「鶏そぼろ丼」にするのはもちろん、おにぎりの具にしたり、茹でたほうれん草と和えたり、卵焼きに入れても美味しい。

お弁当にも、おつまみにも、おすすめ。

『鶏そぼろ丼』

材料(2人分)

・鶏ひき肉(200g)
・生姜(みじんぎり、1かけ)
・酒(大さじ1)
・みりん(大さじ2)
・しょうゆ(大さじ2)
・米油またはサラダ油(小さじ1)
・卵黄(2個)
・ごはん(適量)
・しば漬け(適宜)

作り方

STEP1

フライパンに米油またはサラダ油、鶏ひき肉を入れて熱する

フライパンに米油またはサラダ油、鶏ひき肉を入れて熱する。

STEP2

焼き色が付いたら裏返し、余分な脂はキッチンペーパーで拭き取る

焼き色が付いたら裏返し、余分な脂はキッチンペーパーで拭き取る。

STEP3

生姜を加え、鶏ひき肉を軽くほぐしながら炒め、酒、みりん、しょうゆを加えて煮詰める
生姜を加え、鶏ひき肉を軽くほぐしながら炒め、酒、みりん、しょうゆを加えて煮詰める

生姜を加え、鶏ひき肉を軽くほぐしながら炒め、酒、みりん、しょうゆを加えて煮詰める。

STEP4

器にごはんとを煮詰めた鶏ひき肉を入れ、卵黄を乗せる

器にごはんとを煮詰めた鶏ひき肉を入れ、卵黄を乗せる。

冷蔵庫で5日から一週間ほど日持ちするので、常備菜としても活用できる。小分けにして冷凍保存すると便利だ。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense