もう何年も口にしていなかったものをふと口にした時、「ああ、これってこんなに美味しかったっけ?」と思うことがある。

そんな再発見をし、日本の美味を改めて知ることのできるスイーツを紹介したい。

おおだてえだまめモナカ

秋田産枝豆「あきた香り五葉(ごよう)」を使用したコクのあるまろやかな枝豆餡が軽い食感のモナカ皮に包まれた「おおだてえだまめモナカ」。

忠犬ハチ公の故郷としても知られる秋田県北部の城下町大館で明治34(1901)年以来、伝統の味を守りながらお菓子づくりに精進を重ねてきた山田桂月堂をはじめとする、大館市内8店の菓子店有志が結集した「倶楽部スイーツ」の共同開発商品だ。

おおだてえだまめモナカ
おおだてえだまめモナカ

ユニークなルックスのえだまめ型のモナカはなめらかな舌触りで、ほどよい甘さ。チョコレートやクッキーのようなスイーツが苦手な方でも楽しめること間違い無し。

気がつくと「もうひとつ。」と思わず手を伸ばすことになるはずだ。

おおだてえだまめモナカ [minne]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense