人気連載「マイ定番スタイル」では、無印良品、IKEAなどに代表される親しみやすいブランドのアイテム、シンプルなデザインの定番モノを、オリジナルのスタイルで住空間に取り入れるコツを紹介。今回はVol.57。

モバイル端末やPC、カメラなど、暮らしに必需なアイテムのほとんどは「電源」を必要としている。ひたすら充電を繰り返すこの日々の中、特に機器がひしめき合う“デスク周り”の延長コード選びは重要だ。

ROOMIEの連載企画「みんなの部屋」で部屋取材に行くと、デザイン性や機能性、サイズ感もさまざまなものを見かけるが、必ずしも自分の生活に合うとは限らない。

無印良品で最近見つけた延長コードは、デザイン面も機能面もデスク周りにフィットしやすいので、ぜひ紹介したい。

無印良品の延長コード
無印良品の延長コード

そもそも無印良品の延長コードは、コンセント部分の「コンセント4個口(税込1,500円)」と、コード部分の「延長コード・1m ロック付(税込600円)」という2のアイテムを組み合わせる必要がある。

一見手間に見えるが、コンセントの数やコードの長さを自分好みに選べるので、「生活に合う延長コードを探す」目的の場合にはうれしい。

僕のデスク環境では、MAX状態でもPC、Wi-Fi、カメラ、ICレコーダーの充電なので、4個口がマッチする。

無印良品の延長コード

デスク周りで便利な理由の一つは、USBポートがあること。スマホ以外でもUSB充電できるものが多いので、これ一つあるだけで大いにスムーズだ。

無印良品の延長コード
無印良品の延長コード

あと別売りの「マグネットパーツ(税込300円)」が非常にありがたい。床に置いておくとすぐホコリが付くし、かといって机の上だと邪魔。

無印良品の延長コード

机の脚部分やワゴンに付けておけるので、清潔さを保ちながら使用できる。

ホコリっぽい延長コードは見た目もよくないので避けたい、という願いも叶えてくれるのだ。

無印良品の延長コード

ただ何より良いのは、このシンプルなデザイン。「無印良品」感。

もし部屋に合いそうであれば、ぜひ一度試してみてほしい。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense