SHARE

牛肉のトマト煮」は、トマトの酸味と牛肉のうま味が食欲をそそる一皿で、おつまみはもちろん、ごはんにもパンにも合う。

以前ご紹介した「おもてなしで作りたいハッシュドビーフ」と、作り方はほぼ同じ。「牛肉のトマト煮」の方が、材料の調味料が少なくなる。基本的にどちらも余分なものは加えず、野菜が多めで、そしてフライパンひとつで作れるお手軽レシピである。

「牛肉のトマト煮」にごはんを添えると「ハヤシライス」になる。が、今回はライス添えではなく、ワインに合うおつまみとしてご紹介。トマトの酸味に合わせて白ワインでも、牛肉に合わせて赤ワインでも合うので、お好みのものをセレクトしてみては。

『フライパンひとつで手軽に作れる、牛肉のトマト煮』

フライパンひとつで手軽に作れる、牛肉のトマト煮

材料(2人分)

・牛肉の薄切り(150g、切り落とし)
・たまねぎ(1/2個)
・ズッキーニ(1/2本)
・にんにく(1/かけ)
・オリーブオイル(大さじ1)
・塩(少々)
・ブラックペッパー(少々)
・米粉または小麦粉(大さじ1/2)
・砂糖(小さじ1/2)

A
・カットトマト缶(1缶、400g)
・赤ワイン(50㏄)
・水(50㏄)
・ローリエ(1枚、ちぎる)

作り方

STEP1

たまねぎは7ミリ厚くらいの薄切り、ズッキーニは5ミリ厚くらいの半月切り、にんにくはみじん切り、牛肉は塩とブラックペッパーを振って手で揉み込み、米粉または小麦粉をまぶす

たまねぎは7ミリ厚くらいの薄切り、ズッキーニは5ミリ厚くらいの半月切り、にんにくはみじん切り、牛肉は塩とブラックペッパーを振って手で揉み込み、米粉または小麦粉をまぶす。

STEP2

フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて火をつけ、中火で加熱する

フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて火をつけ、中火で加熱する。

STEP3

にんにくの香りが立ったら、たまねぎを加えて炒める

にんにくの香りが立ったら、たまねぎを加えて炒める。

STEP4

たまねぎが色づいてきたら端に寄せ、牛肉を入れて焼き
牛肉を入れて焼き、片面に焼き色が付いたら裏返す

たまねぎが色づいてきたら端に寄せ、牛肉を入れて焼き、片面に焼き色が付いたら裏返す。

STEP5

ズッキーニ、塩、ブラックペッパーを加えて蓋をする
沸騰したら弱火にして15分ほど煮る

Aを加えて混ぜ、ズッキーニ、塩、ブラックペッパーを加えて蓋をし、沸騰したら弱火にして15分ほど煮る。

STEP6

砂糖を加えて全体を混ぜ、塩、ブラックペッパーで調味する。タバスコや粉チーズをちょい足しして味を変えてもおいしい
ワインにぴったり。フライパンひとつで手軽に作れる「牛肉のトマト煮」

砂糖を加えて全体を混ぜ、塩、ブラックペッパーで調味する。タバスコや粉チーズをちょい足しして味を変えてもおいしい。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense