専門店やフェスまで開催されるようになって、その人気を不動のものにしつつあるパクチー。最近では、スーパーでも気軽に手に入るようになりました。いつもは生のままサラダとして食べたり、フォーに付け合わせたりしているのですが、もっとアレンジしやすそうなパクチーダレのレシピを「FOODIE」よりご紹介します。

何にでも合う、魔法のパクチーダレのレシピ

フードスタイリスト丹羽彰子さん考案のパクチーダレは、材料を混ぜるだけの簡単レシピなので挑戦しやすそう。フレッシュなパクチーを刻んで入れるので、パクチー特有の風味はしっかりキープ。冷蔵庫に保存すれば、1週間ほど保存可能。ご飯のお供に、冷奴やカルパッチョ、バンバンジーなど多種多様な料理に合う万能ダレです。

<材料>
・パクチー……25g 
・ お好みのオイル……大さじ2(25g)
※菜種油、ごま油、グレープシードオイルなど
・塩……小さじ1/3
・ナンプラー(またはしょう油)……小さじ2
・ニンニク(すりおろす)……少々
・赤とうがらし(輪切り)……1本分

<作り方>
刻んだパクチーと、ほかの材料と合わせる。

(「FOODIE」より引用)

パクチーダレを使ったアイディア料理

パクチーのガスパチョ

スペイン料理の定番スープ、ガスパチョもパクチーと相性ぴったり。塩を加えればパスタやそうめんのソースに、酢を加えて具だくさんなドレッシングとしても楽しめます。

20170607_coriander_01.jpg

<作り方>
ざく切りにしたパクチーと、小さく切ったトマト(2個)、パプリカ(1/4個)、玉ねぎ(1/8個)、水でふやかしたバゲット(4cm分)をミキサーにかけます。塩、こしょうで味を調え、オリーブオイルをかけて、好みで刻んだ野菜とパクチーの葉をトッピングしたら完成。

(「FOODIE」より引用)

パクチーのクリーミードレッシング

独特なパクチーの香りは、豆腐などクリーミーな食材とよく合います。パンや野菜をそのままディップしたり、ポテトサラダに混ぜたりと、用途はいろいろ。

20170607_coriander_02.jpg

<作り方>
茎が多めのパクチー、水切りしていない木綿豆腐、オリーブオイル(小さじ2)、塩(小さじ1/2)、ニンニク(少々)と黒胡椒(少々)をフードプロセッサーでかき混ぜペースト状にして完成。

(「FOODIE」より引用)

意外な料理とのマリアージュを発見して、ますますパクチー愛が加速。マイパクチーダレを常備するのはもちろん、たくさん作ったら小瓶に入れてパクチー好きの友だちにおすそ分けするのもよろこばれそう。

FOODIE

Ranking