SHARE

白瓜は淡白な味わいでクセが少なく、歯ごたえのあるシャキシャキとした食感がよいので、漬奈良漬けや鉄砲漬けなどのお漬物によく用いられる。わが家でも、よくぬか漬けや浅漬けにしている。

旬は5〜9月頃。表面の皮は薄い黄緑色で、なめらかでツヤがあり、太さが均一でまっすぐなものを選ぼう。

今回は白瓜を使い、梅雨の時期に嬉しいさっぱりとした手軽な一品をご紹介。梅の酸味がほどよく、タコとの相性も抜群で、食欲がない時にもパクパク食べられる。おつまみにはもちろん、蕎麦やごはんのおともに、そうめんの具として添えて召し上がれ。

『タコと白瓜の梅肉和え』

タコと白瓜の梅肉和え

材料(2人分)

・タコ(80g)
・白瓜(1/2本)
・塩(小さじ1/4)
・白すりごま(適量)

A
・梅干し(1個)
・しょうゆ(小さじ1/3)
・みりん(小さじ1/3)

作り方

STEP1

白瓜の天地のヘタを切り落とし、縦半分に切り、2~3か所ピーラーで皮をむく

白瓜の天地のヘタを切り落とし、縦半分に切り、2~3か所ピーラーで皮をむく。

STEP2

中の種をスプーンで取り除き
皮目を上に向け、薄くスライスする
スプーンで切り込みを入れると取り除きやすい

中の種をスプーンで取り除き、皮目を上に向け、薄くスライスする。スプーンで切り込みを入れると取り除きやすい。

STEP3

白瓜に塩をふって軽くもむ
しんなりしたら水で余分な塩分を洗い流し、かたく絞る

塩をふって軽くもみ、しんなりしたら水で余分な塩分を洗い流し、かたく絞る。

STEP4

タコは食べやすい大きさに切り
梅干しは種を取り除き、包丁でたたく

タコは食べやすい大きさに切り、梅干しは種を取り除き、包丁でたたく。

STEP5

ボウルにすべての材料を入れて和えたらタコと白瓜の梅肉和えが完成
そうめんの具になるタコと白瓜の梅肉和え

ボウルにすべての材料を入れて和えたら完成。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense