SHARE

毎日にクリエイティブをおくる、今月のうたと暮らしは、「短歌」の表現のおもしろさを知ってもらう企画。
「短歌」に意識を向けてみたら、140文字より圧倒的に少ない“31文字”のことばに、詰まっているものに驚いた。ハッとしたり想像が膨らんだりするのがとても楽しく、日々にクリエイティブな視点を与えてくれる気がしている。

その月に合ったテーマで月1本、リレー形式で毎月異なる歌人の短歌を、描き下ろしの10首連作でお届けする。
連作の中にある展開やストーリーを、まずは楽しんでみてほしい。

第3回目の歌人は北山 あさひさん、6月のテーマは「」。

六月と狛犬

北山 あさひ



六月の退職届、そののちは心のなかの侍も眠い



Mさんと鳩を見ていたあの窓ももうSさんの窓となりたり



大きさを確かめるため芍薬に拳をかざす路地仄暗し



クサカゲロウふうと吹いたらふうと消ゆ貯金はするが勝算はない



お元気で 会釈をしたるOさんのすずらん揺れてこぼれてしまう



鎌倉のだいぶつさまのせなにある窓ひらきたし頬杖つきたし



さらさらと笑って揺れて雨の日はよく竹になる女ともだち



蓮池を見るおじいさん・おじいさん・Nikonを持ったおじいさん・わたし



消えてゆくおうちの灯り、消えないでそこにある窓 ちゃんとしなくちゃ



思い出が狛犬になるカーテンを閉じたらたった一人だけれど


北山 あさひ(きたやま・あさひ)
1983年生まれ。北海道小樽市出身、札幌市在住。短歌結社「まひる野」所属。島田修三に師事。2017年、第28回歌壇賞候補。短歌や文章の冊子「無銭飲食」発売中。
twitter

illustrated by ki_moi

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense