夜はまだ寝苦しくないが、日中はそろそろサーキュレーターが活躍する季節になってきた。サーキュレーターは見た目こそ扇風機に似ているものの、直線的な強い風で、空気を循環させる性能に特化した電化製品。

冷暖房機と併用することで、室内の空気にムラがなくなり、室温が一定に保たれるほか、湿気対策、電気代を節約することもできるから、すでに使用している人は多いかもしれない。

「ちょうどいいかたち」「ちょうどいい大きさ」「ちょうどいい価格」など“ちょうどいい”がコンセプトの、日本発の家電・雑貨ブランド「±0(プラスマイナスゼロ)」から新発売された、こだわりが詰まったサーキュレーターをご紹介しよう。

上下左右への首振り、9段階・18種類の風をチョイス可能

左右に首振ることはもちろん、上下にも首を振る機能があることで、空気の循環が効果的に行える。真上を向けることができるので、部屋干しの洗濯物に効果的に風を当てて早く乾かせたり、クローゼットの湿気対策にも使える。

また、通常の扇風機にある弱中強の風量はもちろん、弱以下の繊細な風や、強よりもっと強い風、リズム送風など、9段階・18種類の風を選択することができる。

赤ちゃんの眠りを妨げない音や、経済的なのも嬉しい

±0(プラスマイナスゼロ)のサーキュレーター

最小風量でわずか12dBという静かさ。非常に小さく聞こえるささやき声で30dBといわれているので、赤ちゃんの眠りも妨げない音量だ。

また、DCモーターが搭載されており、電気代は最小風量で1時間あたりわずか0.2円。12時間連続で運転しても2.4円だ。一番強い風でも、12時間連続運転で6円と経済的。

部屋になじむシンプルなデザインとカラー。扇風機やエアコンにプラスすることで、いいことづくめのサーキュレーター、まだ使っていない人も、今年は検討してみては?

DCサーキュレーターB320 [±0(プラスマイナスゼロ)]
±0 オフィシャルInstagram

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense