SHARE

「どんな男性でも科学実験が好き」というのは言い過ぎかもしれない。ただ、無色透明の円柱形容器にさまざまな液体や物体が入っている様を見ると、無性に胸が高鳴る人はかなり多いのではないだろうか。

おしゃれで素敵なVISION GLASS
サラダも盛れるVISION GLASS
ご飯も炊けるグラスVISION GLASS

まるで実験室のビーカーのようなガラス容器に、どうしてサラダが盛り付けられているのだろう。同じ容器に、ほかほかと湯気の立つおいしそうな白飯がよそってあるのはなぜ? もうドキドキが止まらない。

VISION GLASS」は、インドの理化学ガラスメーカーBOROSIL社が製造するグラス。シンプルでミニマルな見た目やその薄さから、繊細で壊れやすく見えるが、このグラスは実は、度肝を抜かれるほど幅広い用途で使用できる、自由度の高いプロダクトなのだ。

食材も植物もステーショナリーも引き立つ、器としての機能

ミニマルでおしゃれなVISION GLASS
部屋がおしゃれになるVISION GLASS
おしゃれなグラスVISION GLASS

ジュースやホットコーヒーなどの飲み物を入れるもよし、サラダや米、スープやオーブン料理を入れるもよし。そんな風に食材を引き立たせる器としての機能はもちろん、植物を飾ったり、色鉛筆を立てたりしても、違和感なく使うことができる。それは、それ自体が主張しないデザインだからこそ。

使う人ごとに異なる魅力を発見し、工夫して使いたくなる“余白”があることが、「VISION GLASS」のおもしろさかもしれない。

耐熱温度差は150℃、電子レンジ・食洗機もOK

vision glassは、耐熱温度差は150℃、電子レンジ・食洗機もOK
vision glassは耐熱・直火OK

また、耐熱・直火OKなど、機能性の高さも特徴だ。電子レンジ、食洗機で使うことができるのに加え、直火にかけて炊飯も、オーブンでグラタンを作ることだってできてしまう。耐熱温度差は驚きの150℃。もちろん、日本の食品検査と耐熱ガラス製器具の検査をクリアしている。

そもそも、製造元のBOROSIL社は、僕らが学生の頃使っていたようなビーカーなどの、各種実験器具を製造している。ムンバイに本社を構える、インドガラス業界におけるリーディングカンパニーだ。同時に、家庭向け耐熱ガラス製品の大きなシェアを誇っていて、“ボロシル”という言葉自体が、耐熱ガラスの代名詞になっているほど。

そういうわけで「VISION GLASS」は、インド各地の食器屋さんやスーパーで気軽に購入できるほど、彼らの生活に溶け込んでいるらしい。こんなにも美しく、そして高い機能性を誇るプロダクトに、異国のストーリーまで加わる。科学実験好きの男性でなくとも、ドキドキしないわけがない。

VISION GLASS

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense