SHARE

新ごぼうの季節。新ごぼうはアクが少なく柔らかいので、サラダにオススメだ。今回ご紹介するのは、わが家の定番「新ごぼうのツナマヨサラダ」。ごぼう×マヨネーズの相性が抜群で、アレンジレシピも楽しめる。

そのままおつまみやお弁当のおかずにするのはもちろん、パンに挟んでもいいし、マカロニや素麺を加えてボリュームアップしてもいい。レシピで紹介する具材の他に、鶏のささみ、にんじん、れんこん、オクラなどを入れてもおいしい。

作り方のポイントは、ツナ缶の汁を加えること。ツナ缶の汁は捨ててしまいがちだが、実は旨みたっぷりで、栄養分も豊富なのだ。そして、コクをプラスすることもできるので、ツナを加える際は汁を切らずにそのまま加えよう。こうすることで、ツナマヨがよりおいしくなります。

『新ごぼうのツナマヨサラダ』

新ごぼうのツナマヨサラダ

材料(2人分)

・新ごぼう(1本)
・いんげん(4本)
・ツナ缶(1/2個)
・マヨネーズ(18g/大さじ1 1/2)
・レモン汁(大さじ1)
・ブラックペッパー(少々)
・塩(少々)

作り方

STEP1

ごぼうは笹がきにし、酢水につける
いんげんはごぼうと同じくらいの大きさになるよう斜めに切る

ごぼうは笹がきにし、酢水(分量外:水400CC+酢大さじ1)につけ、いんげんはごぼうと同じくらいの大きさになるよう斜めに切る。

STEP2

鍋に湯を沸かし、ごぼうの水気を軽く切って入れ、4分ほど茹でる

鍋に湯を沸かし、ごぼうの水気を軽く切って入れ、4分ほど茹でる。

STEP3

別の鍋またはフライパンに湯を沸かし、塩(分量外:小さじ1)を入れて、いんげんを2分ほど茹でる

別の鍋またはフライパンに湯を沸かし、塩(分量外:小さじ1)を入れて、いんげんを2分ほど茹でる。

STEP4

ボウルにツナ缶(汁ごと)、マヨネーズ、レモン汁を入れて混ぜる
茹であがった新ごぼうといんげんを加えて和える

ボウルにツナ缶(汁ごと)、マヨネーズ、レモン汁を入れて混ぜ、茹であがった新ごぼうといんげんを加えて和える。

STEP5

塩、ブラックペッパーで調味する。

塩、ブラックペッパーで調味する。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense