ビールがおいしい季節。仕事帰りやお風呂上がりの一杯は格別だ。

最近では大手のビール会社も扱うようになったほど、クラフトビール人気が高まっている現状。それを反映するかのごとく想像もつかなかったものが、商品化を目指している。

「ホップ」がティーバッグに

「ホップ」がティーバッグに
「ホップ」がティーバッグに

ビールの味を格段にアップさせると言われる麦芽ホップ。なんと、それをティーバッグにしようとMakuakeで、クラウドファウンディングが始まっている。

これが実現されると、市販されているビール(発泡酒でもOK)の中に、このティーバッグを入れて3~5分待つだけで、お手軽にクラフトビールが味わえるのだ。

そもそも「ホップ」とは

そもそも「ホップ」とは

ビールの原料のひとつで、ビールに豊かな香りと苦味をプラスしてくれる魅惑の植物。

味の決め手となる重要な材料なのだ。

ティーバッグの種類は3つ

「シングルオリジン」

シングルオリジン

200種類以上あるホップから選りすぐった、多くのクラフトビールに使用されるメジャーホップでフローラルな香りがよりプラスされた「カスケード」を使用。

「ブレンド」

ブレンド

「カスケード」と「センテニアル(別名スーパーカスケード)」の2種類のホップをブレンド。

「シーズナルブレンド」

シーズナルブレンド

第一弾はホップにハーブやスパイスを加えた、スパイシーさやフルーティさをプラスしたオリジナルブレンド。

ティーバッグは3~4回繰り返して使用することができ、ひとつのティーバッグで約1リットルのビールに対して使用可能。密封して冷凍庫に入れておけば、新鮮なまま保存することもできる。

商品化に期待

商品化に期待

夏だけではなく、1年通してクラフトビールが気軽にいただけるとあって、ぜひ商品化に期待したい。

支援するコースなど詳しくはOi!HOPのプロジェクトページでチェックしてほしい。

Oi!HOP

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense