SHARE

甘辛さがクセになる「鶏肉と茄子の甘辛丼」のレシピをご紹介。もちろん丼にしなくても、炒めものとして、おつまみやお弁当のおかずにするのもおすすめ。

柔らかい鶏肉と、とろりとした茄子がタレによく合う。ついつい箸が止まらなくなる一品だ。

『鶏肉と茄子の甘辛丼』

鶏肉と茄子の甘辛丼

作り方

材料(2人分)

・鶏肉(200g)
・茄子(2本)
・長ねぎ(1/2本)
・にんにく(1かけ)
・しょうが(1かけ)
・酒(大さじ1)
・米油(大さじ2)
・ごはん(適宜)

A
・オイスターソース(大さじ2)
・しょうゆ(大さじ1/2)
・豆板醬(小さじ1)

B
・しょうゆ(小さじ1)
・酒(大さじ1/2)
・ブラックペッパー(少々)
・片栗粉(大さじ1)

下ごしらえ

下ごしらえ

Aを混ぜ合わせておく。

STEP1

鶏肉を一口大に切り、Bのしょうゆ、酒、塩、ブラックペッパーを揉み込む
なすは乱切り、ねぎは斜め薄切り、にんにくはみじん切り、しょうがは1センチ長の細切りにする

鶏肉を一口大に切り、Bのしょうゆ、酒、塩、ブラックペッパーを揉み込む。

なすは乱切り、ねぎは斜め薄切り、にんにくはみじん切り、しょうがは1センチ長の細切りにする。

STEP2

鶏肉に片栗粉をまぶし、フライパンに米油(大さじ1)を入れて、鶏肉を皮目から入れて火をつけ、色よく焼く
鶏肉に片栗粉をまぶし、フライパンに米油(大さじ1)を入れて、鶏肉を皮目から入れて火をつけ、色よく焼く

鶏肉に片栗粉をまぶし、フライパンに米油(大さじ1)を入れて、鶏肉を皮目から入れて火をつけ、色よく焼く(中火)。

STEP3

こんがり焼き色が付いたら裏返して端に寄せ、空いたところに米油(大さじ1)を加えて茄子を皮目から入れて焼き、皮が艶やかになったら裏返す
こんがり焼き色が付いたら裏返して端に寄せ、空いたところに米油(大さじ1)を加えて茄子を皮目から入れて焼き、皮が艶やかになったら裏返す
こんがり焼き色が付いたら裏返して端に寄せ、空いたところに米油(大さじ1)を加えて茄子を皮目から入れて焼き、皮が艶やかになったら裏返す

こんがり焼き色が付いたら裏返して端に寄せ、空いたところに米油(大さじ1)を加えて茄子を皮目から入れて焼き、皮が艶やかになったら裏返す。

STEP4

にんにく、しょうが、長ねぎを加えて混ぜ、酒を回しかける
にんにく、しょうが、長ねぎを加えて混ぜ、酒を回しかける
茄子に火が通ったら、合わせておいたAを回し入れ、さっと炒め全体を馴染ませたら完成

にんにく、しょうが、長ねぎを加えて混ぜ、酒を回しかける。

茄子に火が通ったら、合わせておいたAを回し入れ、さっと炒め全体を馴染ませたら完成。

ワンポイントアドバイス

・鶏肉に下味をつけること
鶏肉に酒、しょうゆで下味をつけることで、鶏肉の臭みを取り、素材の味を引き立て、味を染み込ませることができる。このひと手間で、仕上がりが全然違うのだ。

・調味料を合わせておくこと
調味料は事前に合わせておき、一気に加える。その方が短時間で味が決まり、手早く加熱し過ぎることなく仕上げられる。レシピの配合は少し濃い味付けで、辛過ぎないあとひく辛さ。調味料を合わせたら味見をしてみて、もっと辛くしたい場合は、豆板醬を増やして調節しよう。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense