SHARE

6月に入り、「梅仕事」の季節がやってきた。梅仕事とは、その年に収穫した梅の実で梅酒や梅干しなどを作ること。

今回は、作ったらすぐに食べられる「梅ジャム」をご紹介。梅酒や梅シロップで使用した梅をジャムにする、というのはよくあるけれど、フレッシュな青梅で作るジャムは甘酸っぱく、さわやかな甘みの中にほんのりと苦みがあり、今しか楽しめない味わいなのだ。

旬の青梅で作る「青梅ジャム」とチーズを乗せたバゲッド

パンに塗ったり、ヨーグルトに乗せるのはもちろん、クリームチーズやマスカルポーネとの相性もいい。バゲットにクリームチーズやマスカルポーネを塗り、梅ジャムを乗せれば、お酒のおつまみになる。白ワインのおともにオススメの組み合わせだ。

梅ジャムを作る時に注意したいのが、使用する鍋。ホーロー製やステンレス製の鍋を選ぼう。梅ジャムを作るときに酸味が出るので、アルミやステンレスの鍋を使うと、ジャムに金属臭が移ってしまうので要注意。

また、梅にはアクが含まれていて、実の熟度によってその含有量は違う。青いものほど多く含まれており、熟して黄色くなるにつれ少ない。硬く青い梅は水につけてアク抜きをしよう。少し熟して黄色がかったもの、完熟したものは、水に漬ける必要はない。

『旬の青梅ジャムのレシピ』

旬の青梅で作る「青梅ジャム」のレシピ

材料(作りやすい分量)

青梅

・青梅(1㎏)
・きび砂糖(種を取ったあとの梅重量の60~70%)

作り方

STEP1

梅を丁寧に洗い、竹串などでなり口を取り除く

梅を丁寧に洗い、竹串などでなり口を取り除く。

STEP2

大きめのボウルや鍋に水をはり、2時間ほど梅を浸してアクを抜く

大きめのボウルや鍋に水をはり、2時間ほど梅を浸してアクを抜く。

STEP3

鍋に梅、たっぷりの水を入れて中火にかけ、沸騰したらアクを取り、弱火にして15分煮て、火を止めそのまま冷ます

鍋に梅、たっぷりの水を入れて中火にかけ、沸騰したらアクを取り、弱火にして15分煮て、火を止めそのまま冷ます。

STEP4

果肉を適度な細かさに刻む、またはザルで濾す。フードプロセッサーなどでなめらかに仕上げてもOK

果肉を適度な細かさに刻む、またはザルで濾す。フードプロセッサーなどでなめらかに仕上げてもOK。

STEP5

鍋に果肉ときび砂糖を入れ、中火にかける

鍋に果肉ときび砂糖を入れ、中火にかける。

STEP6

沸いたら弱火にしてアクを取り除き、時々かき混ぜながら30分ほど煮る

沸いたら弱火にしてアクを取り除き、時々かき混ぜながら30分ほど煮る。

STEP7

熱いうちに保存容器に移し替え保存する。保存容器は煮沸消毒などで殺菌しておこう

熱いうちに保存容器に移し替え保存する。保存容器は煮沸消毒などで殺菌しておこう。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense