だんだんと暑いと感じる日が増えてきた、今日この頃。その暑さゆえに、自転車を漕ぐのがきついと感じる人も多いのでないだろうか?

そこで注目してほしいのが、自転車を電動自転車に変える車輪用のデバイス「UrbanX」だ。

どんな自転車も電動に変えられる、とても便利なアイテムである。

たったの60秒で自転車を電動自転車にすることが可能

「UrbanX」は、前輪を自転車に取り付け、ハンドルにスロットルを設置し、スロットルケーブルに車輪を接続するのみ。たったの60秒で自転車を電動自転車にすることが可能だ。

市場にある99%の自転車を電動にできるというアイテムなので、お気に入りの自転車を好きなときに電動自転車に変えられるのがうれしい。

「UrbanX」は自転車の速度を3段階に変更できる

また「UrbanX」は自転車の速度を3段階に変更できるのが特徴である。完全な電動自転車、ハイブリッドとしてのペダル補助モード、そして通常の自転車モードだ。

設定はスマートフォンのアプリで簡単にでき、デバイスを一度つけると外す必要がないため手間がかからない。

通常の電動自転車に比べて、エネルギー消費を抑えられる

通常の電動自転車に比べて、エネルギー消費を抑えられるのもポイント。「UrbanX」であれば、一般的な電動自転車の半分以下の費用で、電動自転車として使えるのだ。

そしてデバイスのバッテリーは非常にコンパクトなため、どこでも充電できる。

どんな自転車も電動自転車にする画期的なアイテム「UrbanX」
どんな自転車も電動自転車にする画期的なアイテム「UrbanX」

どんな自転車も電動自転車にする画期的なアイテム「UrbanX」。

Kickstarterにてクラウドファウンディングに成功したため、現在は正式な商品化に向けて準備中。いまのところ使用できるサイズは24、26、27.5、29インチとなっている。

市場価格は699USドルと予定されているが、現在期間限定で319USドルでの購入が可能だ。

電動自転車の購入を考えていた人に、ぜひチェックしてほしいものである。

UrbanX

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking