SHARE

流行は繰り返すもので、最近ではレコードやカセットテーブが流行っている。祖母の家には多くのレコードがあるので、それをもらって聞いてみようと思うのだが、僕は肝心のレコードプレイヤーを持っていない。そこでネットで探していたら、最新のテクノロジーを搭載したレコードプレイヤーを見つけた。

ターンテーブルSeed turntable
高音質なターンテーブル

Seed turntable」は、高出力、高音質、ワイヤレス再生と、多機能でポータブルなレコードプレイヤーだ。

ツイーター、ウファーに分割されたスピーカー設計により、70wと高出力なため、クリアで質の高いサウンドを実現。

毎分33と1/3回転でターンするテーブルのスクラッチノイズさえ柔らかい音は、日本製のカートリッジが盤面表面から音をピックアップしていることと、木製ユニットに内蔵されるスピーカーシステムのおかげだという。

不意な振動、外力に対して極力おさえる制振システムもダメージを与えないように作られている。

Seed turntable

Bluetooth、Wi-Fiにも対応しているから、レコードだけでなくデジタルオーディオも再生できるようになっている。

こうした高機能にも関わらず、サイズは270×380×350mmとコンパクトで、持ち運びにも最適だ。

購入はクラウドファンディングサイト・Kickstarterにて$389(約43,000円)から(記事執筆時)。

イノベーションは、あるものとあるものの掛け合わせで生まれるという。祖母の時代の古いレコードを、現代の新しいデバイス、環境でプレイしたら、新しい何かが生まれるのではないかと思う。祖母のレコードを聴いてみるのが楽しみだ。

Seed turntable [Kickstarter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense