SHARE

5月も終わりが近づいてきた。だからこそ、見逃してはいけない展示会がある。それは、2005年より毎年5月に開催され、本年度で13回目を迎える「わたしのファミカセ展 2017」だ。

この展示会では国内外から応募された全165本のファミカセを再現した作品が展示されている。どの作品も製作者のファミカセへの熱い想いが込められていて、見ていてとても楽しい。

会場ではユニークな作品がずらり

会場ではユニークな作品がずらりと飾られている。こんなファミカセがあったらいいな、という思いを再現したまさに夢のファミカセ展となっている。

クリエーターのこだわりが詰まったファミカセは、実際にプレイしてみたくなるものばかり。

作品はこれまでに日本全国・ヨーロッパ・アジア・アメリカなど国内外総勢100人以上のクリエーターによって作られているのも興味深い。

ファミカセ展に行くことができないという人も楽しめる

また、ファミカセ展に行くことができないという人も楽しめるのが、わたしのファミカセ展 2017の公式サイトである。

このサイトではクリエーターの製作したファミカセが一覧できるようになっており、気になるカセットをクリックするとそれぞれの説明を読むことができる。

サイトを見ているだけでも楽しめるので、ファミコンファンはぜひチェックしてほしい。

今までに発表された作品本数は合計で942本にもなる

今までに発表された作品本数は合計で942本にもなるという「わたしのファミカセ展」。この展示会は5月30日(火)までの期間となっているので、直接作品を見たい人は早めにチェック。今年はもう行くのが難しいという人も、サイトでぜひ作品を楽しんでほしい。

来年以降の展示会も楽しみになる、ユニークな展示会である。

『わたしのファミカセ展 2017』

展示期間:2017年4月29日(土)~ 5月30日(火)
展示会場:METEOR  東京都中野区中野6-21-1 
開場時間:13:00~21:00 
入場料:無料
定休日:水曜日(祝日は営業)

わたしのファミカセ展 2017

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense