SHARE

キッチン道具は、あると便利だけどなくても困らないものが多い。

だからこそ、余計なスペースを省くために便利なのに買わないという選択をすることもよくある。そこで、便利で省スペースなキッチンキットを紹介したい。

現在Kickstarterにて好評クラウドファウンディング中の「Ori-Kit」は、折り紙からインスパイアされ完成したキッチン道具のキットである。

畳めば全くスペースの邪魔にならないほど、コンパクトな「Ori-kit」のキッチン道具

畳めば全くスペースの邪魔にならないほど、コンパクトな「Ori-kit」のキッチン道具。

道具は3種類のスプーン、フライ返し、ろ過器、そしてこし器の6種類がキットに含まれている。従来の商品はどれも場所をとるため、収納するスペースに困ることが多い道具である。

それらの道具がコンパクトになったのがこのキットの特徴だ。

キットにあるスプーンは通常のスプーンとしても使えるが、量り用のスプーンとしても使える

キットにあるスプーンは、量り用のスプーンとしても使える。

また、それぞれのスプーンはサイズを大小変えることができるので、合計で6種類のサイズとして使用することが可能だ。

通常のスプーンと違い、フラットにすればバターや蜂蜜などを扱うのにも便利になる。

次にフライ返しであるが、これはフライ返しとしてもサービングの際の道具としても使える

フライ返しはサービングの際の道具としても使える。グッと折り線部分をつまみ、形を整えれば通常のフライ返しと全く変わらない機能の道具となる。

ハンバーグやパンケーキなど、平らなものを調理する際に重宝するだろう。

通常の調理ではなかなか使う機会がなく場所を取るため、持っていない人が多いろ過器

通常の調理ではなかなか使う機会がなく場所を取るため、持っていない人が多いろ過器。しかし持っていると実際便利なことが多い。

例えば油をボトルに詰め変える際など、こぼすことなくスムーズに作業できる。場所を取るため持っていないという人も、このろ過器であれば一つ持っておきたくなる。

最後にこし器であるが、これも従来ではスペースをとるキッチン道具であった。そんなこし器が今までとは比較にならないほどコンパクトに。

あく取りなども簡単に行える。そしてろ過器とこし器は、洗うのがとても面倒な道具であったが、「Ori-Kit」はどれもフラットになるため洗う手間がかからないのがうれしいところだ。

あると便利、しかも省スペースな「Ori-kit」

あると便利、しかも省スペースな「Ori-kit」。欲しいけど場所が……と諦めていた調理器具が揃ったうれしいキットである。

さまざまな用途に使えるので、家にひとつ欲しくなる。料理好きだけでなく、調理器具が必要な人に教えたくなるアイテムだ。

Ori-Kit [Kickstarter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense