林 美由紀

林 美由紀

11

生活スタイルや趣味嗜好は、変化するもの。可能であれば、インテリアも気分に合わせてアップデートしていけるといいのだけど、なかなかそうもいかない。

だからこそ、シンプルでどんな部屋にもなじみがよく、ライフスタイルの変化に影響を受けにくいインテリアを選びたくなる。例えば、どんな部屋にも馴染みやすく、持ち運びが楽で、使い勝手もいいスツールならどうだろうか?

マグネシウム加工技術と溶接技術がコラボレーションして誕生したスツールシリーズ「Light tempo」

デザイン事務所・FUJIMARU DESIGN STUDIOと、マクルウ独自のマグネシウム加工技術と溶接技術がコラボレーションして誕生したスツールシリーズ「Light tempo」から、使い勝手のよさそうな2タイプのスツールが発売されている。

ステップスツールに変身するスツール

Light Tempo ステップスツール」は、座面の下にマガジンラックのような収納が付いていて、この部分をひっくり返すようにして手前に引き出すことで、ステップ付きスツールに変形する。階段のようにスツールの上に昇れるので、高いところのものを取る時に便利だ。

素材には、実用金属最軽量であるマグネシウム合金が採用されているので、とても軽く、「Light Tempo スツール」は1.74kg、「Light Tempo ステップスツール」は2.95kgという重さ。耐荷重は80㎏。

持ち運びが楽にできるので、据え置き型としてだけでなく、リビングやキッチンで使ったり、子ども部屋やベッドルームに持って行くなど、家の中で横断的に使うことができそうだ。

Light Tempo ステップスツール

白や黒などのシンプルなカラーから、ミルキーでかわいらしいカラーまで揃っているので、使う人・部屋の雰囲気に合わせて選択できるのもいい。汎用性が高く有能なスツールなら、いつでも生活に寄り添ってくれる。

Light Tempo スツール [machi-ya]
Light Tempo ステップスツール [machi-ya]

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking