SHARE

先日実家へ帰ったときに、自分が小さい頃の写真を見た。

その頃はやんちゃで、家中に落書きをしたり、テーブルなどもだいぶ荒らしていたようだ。

あの時に「[MU]table」があったなら、自分も楽しんで遊べただろうし、親にもそこまで迷惑がかからなかっただろうなと思う。

遊べるテーブルの紹介
遊べるテーブルの紹介
遊べるテーブルの紹介

「[MU]table」はシンプルなデザインでありながら、さまざまな遊び場に変身する子供のためのテーブル。それぞれ異なった遊び場になるボードが両面に4枚付いていて、8種類の使い方ができるようになっている。

黒板として使えるボード、磁石が付いたボード、子供用の大きいレゴの土台、普通のサイズのレゴの土台、街の風景になったボード、パズル、そして木のボードへと変身するのだ。

子供の大きさに合わせてテーブルの大きさを変えられるから、どんな年齢の子供にも対応可能。

テーブルのすぐ下には取り外し可能なバッグが取り付けられていて、レゴなどを使ったあとは真ん中の穴から袋へ落とすようにして収納

テーブルのすぐ下には取り外し可能なバッグが取り付けられていて、レゴなどを使ったあとは真ん中の穴から袋へ落とすようにして収納。

またサイドにはペンや小物を立てられるようになっており、片付けが簡単にできるような工夫もされている。

色は「ふじ色」「ミント」「白」「グレー」「ティファニー」の5色

色は「ふじ色」「ミント」「白」「グレー」「ティファニー」の5色から選べる。

購入はクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて、€149(約18,400円)から(記事執筆時)。

子供がいる方は、家を汚されるまえにこのテーブルを手に入れることを検討してみてはいかがだろうか。

[MU]table [Kickstarter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense