SHARE

私の住むオーストラリアはフィットネス大国で、2人に1人が週3日以上運動しているという統計もある。こういった環境にいると、自分も日本にいる時以上に健康に気をつけるようになった。

筋肉をつけるにはトレーニングも大事だが、「食べることもトレーニング」とまで言われる程日々の食事が大切だ。なので、今までは外食が多かったものの、最近ではできるだけ自分で弁当を作って持ち運ぶようになった。

毎回の献立や野菜、タンパク質、炭水化物の量を考えるのはなかなか大変なものだが、この「Fittbo」なら弁当箱に合わせて作るだけなので、とても便利だ。

Fittboの紹介
液漏れを100%防止してくれるスタイリッシュな弁当箱

「Fittbo」は断熱加工がされているので新鮮さを保つことができ、液漏れを100%防止してくれるスタイリッシュな弁当箱だ。

連動したアプリもある

最大の特徴が、中の仕切り

1/2が野菜、1/4がタンパク質、1/4が炭水化物、そして2つのミニスナックが入るような仕切りになっている。従って、この分け方の通りに料理を弁当に詰めるだけで健康になれるというわけだ。

カロリー計算や、日々のメニューから考えられた健康的でおすすめの食材をすすめてくれるから、合わせて使うことでより効果的な食事になるだろう

また「Fittbo」と連動したアプリもある。

このアプリはカロリー計算や、日々のメニューから考えられた健康的でおすすめの食材をすすめてくれるから、合わせて使うことでより効果的な食事となるだろう。

Kickstarterから購入可能

「Fittbo」はクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて、$45(約5,000円)から購入することができる。

色は黒と白の2色から選べるようになっているから、気分に合わせて使い分けるのもいいかもしれない。

自分で割合を変えて楽しむのもよさそうだ

個人的には100%液漏れしないというのがうれしい。というのも、トレーニングウェアなどと一緒にカバンに入れると毎回斜めになって液漏れするからだ。また、タンパク質も出来るだけ多く取りたいので、野菜のところを肉にするなど、自分で割合を変えて楽しむのもよさそうだ。

自分に合った使い方を探し出して、この「Fittbo」で健康になってみてはいかがだろうか。

Fittbo [Kickstarter

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense