いま住んでいるオーストラリアでは、サンダルの人をよく見かける。それはビーチが多くあって、サーフィンや海での生活の一部になっているからなのだと思う。

自分はあまりサーフィンをやらないのだが、サンダルは楽だし例にならってよく履く。ただ、移動が多くなるとやっぱり足が痛くなる。

Wiivv」はありそうでなかったカスタムメイドのサンダルだから、足が痛くなりにくいのかもしれない。

オーダーは簡単
アプリをダウンロードし、そのアプリで足を撮影して写真をアップロード

オーダーは簡単で、アプリをダウンロードし、そのアプリ内で自分の足を撮影して写真をアップロード。

すると200の観測点から自分の足に合った理想的なサンダルをカスタマイズして3Dプリントアウトし、自分だけのサンダルができ上がるという仕組みだ。

ストラップの部分の色と土踏まずのアーチの部分の色を好きな色にカスタマイズすることもできる。

ソールの部分には100%リサイクルできる素材が使われている
踵部分には衝撃を吸収してくれる特殊な加工がされる

ソールの部分には100%リサイクルできる素材が使われていたり、踵部分には衝撃を吸収してくれる特殊な加工がされるなど、細部にもこだわりがある。

「Wiivv」はクラウドファンディングサイト「Indiegogo」にて、$85(約9,500円)から購入することができる(記事執筆時)。

今までは遠出するためにサンダルと靴の2つ使いだったが、これからは「Wiivv」がひとつあればよさそうだ。

Wiivv [Indiegogo]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense